「『父』という異性」下重暁子著

公開日: 更新日:

 父は画家になりたかったのだが、代々軍人の家の長男だったためそれは許されず、職業軍人となった。権威の象徴であった父が敗戦で公職追放となり、慣れぬ仕事に手を出して失敗する姿は、著者には落ちた偶像と映った。父の死後、家を整理していたとき、父が描いた「あぶな絵」の模写が出てきた。著者は、大学に職を得るまで、父が生活のためにそういう絵を描いていたことを初めて知った。父が誇りをかなぐり捨てて、こんな形で絵と対峙しなければならなかった、その心情を思ってたまらない気持ちになった。

 父に反抗し続けた娘が父との相克を見つめたエッセー。(青萠堂 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  10. 9

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る