「『父』という異性」下重暁子著

公開日: 更新日:

 父は画家になりたかったのだが、代々軍人の家の長男だったためそれは許されず、職業軍人となった。権威の象徴であった父が敗戦で公職追放となり、慣れぬ仕事に手を出して失敗する姿は、著者には落ちた偶像と映った。父の死後、家を整理していたとき、父が描いた「あぶな絵」の模写が出てきた。著者は、大学に職を得るまで、父が生活のためにそういう絵を描いていたことを初めて知った。父が誇りをかなぐり捨てて、こんな形で絵と対峙しなければならなかった、その心情を思ってたまらない気持ちになった。

 父に反抗し続けた娘が父との相克を見つめたエッセー。(青萠堂 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る