「ターゲテッド・キリング」杉本宏著

公開日: 更新日:

 法治国家(民主国家)においては殺人は、司法による死刑と戦争で敵兵を殺害することのみが合法とされてきた。ところがそこに2001年の9・11同時多発テロが起きる。この事件を契機に時に暗殺まがいとされる非公然の標的殺害が横行するようになる。ひとつは11年にアルカイダの首領ビンラディンが米海軍特殊部隊によって殺害されたように表沙汰にされた標的殺害。もうひとつは本書で取り上げる無人機によるISメンバーの殺害だ。この戦術は巡航ミサイルより安価で、かつ米側の死者はゼロ。

 オバマ政権下で飛躍的に増えたこの戦術は、現トランプ政権になると大統領による事前の承認も必要なくなり、CIAの判断に任されるようになった。

 東京オリンピックを目前にした日本の課題も浮き彫りにさせた一冊。(現代書館 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  8. 8

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  9. 9

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

  10. 10

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

もっと見る