「ターゲテッド・キリング」杉本宏著

公開日:  更新日:

 法治国家(民主国家)においては殺人は、司法による死刑と戦争で敵兵を殺害することのみが合法とされてきた。ところがそこに2001年の9・11同時多発テロが起きる。この事件を契機に時に暗殺まがいとされる非公然の標的殺害が横行するようになる。ひとつは11年にアルカイダの首領ビンラディンが米海軍特殊部隊によって殺害されたように表沙汰にされた標的殺害。もうひとつは本書で取り上げる無人機によるISメンバーの殺害だ。この戦術は巡航ミサイルより安価で、かつ米側の死者はゼロ。

 オバマ政権下で飛躍的に増えたこの戦術は、現トランプ政権になると大統領による事前の承認も必要なくなり、CIAの判断に任されるようになった。

 東京オリンピックを目前にした日本の課題も浮き彫りにさせた一冊。(現代書館 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る