• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ターゲテッド・キリング」杉本宏著

 法治国家(民主国家)においては殺人は、司法による死刑と戦争で敵兵を殺害することのみが合法とされてきた。ところがそこに2001年の9・11同時多発テロが起きる。この事件を契機に時に暗殺まがいとされる非公然の標的殺害が横行するようになる。ひとつは11年にアルカイダの首領ビンラディンが米海軍特殊部隊によって殺害されたように表沙汰にされた標的殺害。もうひとつは本書で取り上げる無人機によるISメンバーの殺害だ。この戦術は巡航ミサイルより安価で、かつ米側の死者はゼロ。

 オバマ政権下で飛躍的に増えたこの戦術は、現トランプ政権になると大統領による事前の承認も必要なくなり、CIAの判断に任されるようになった。

 東京オリンピックを目前にした日本の課題も浮き彫りにさせた一冊。(現代書館 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る