「アメリカから<自由>が消える 増補版」堤未果著

公開日: 更新日:

 トランプ大統領誕生から半年、米国民が危惧した通りディストピア(暗黒世界)の到来が着々と近づいているかのようにも見える。しかし、米国民ははるか16年も前から「合衆国憲法」が保障するはずのプライバシーや自由、権力に異議を唱える権利などを失っていると著者は指摘する。

 その発端は、2001年の同時多発テロだった。不安と恐怖で国内が混乱する中、議会でスピード可決されたのが「愛国者法」だ。日本の「共謀罪」のモデルともいわれる法律だ。

 政府による全通信のチェックや裁判なしの拷問、反体制的人物への攻撃やメディア支配など、ブッシュ・オバマ両政権が、この法律を利用して国民の自由を奪ってきた実態をリポートする。(扶桑社 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  8. 8

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  9. 9

    野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

  10. 10

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

もっと見る