ドローン・オブ・ウォー

公開日:  更新日:

 ちかごろ話題のドローン(無人航空機)。先々週封切られたアンドルー・ニコル監督の「ドローン・オブ・ウォー」はこのドローンが与える戦争の恐怖を描いた映画だ。

 主人公はイーサン・ホーク演じる米空軍の戦闘機パイロット。トップガン型のヒコーキ野郎だが、いまは歓楽都市ラスベガスの郊外にある基地でドローン爆撃隊に所属。そこからアフガン上空のドローンを遠隔操作し、タリバンの拠点を連日空爆するのが任務。高空からカメラで標的を視認し、空対地ヘルファイア・ミサイルで仕留める。終われば車で妻と子どもの待つ家に帰るだけの日常。

 戦地で子どもを誤爆するのも避けられない任務と、日常のあまりのギャップに悩まされ、彼はしだいに心を病んでゆくのだ。対テロ戦争時代の戦争映画の多くが抑うつ状態の兵士たちを描いているが、本作もその典型だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る