• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドローン・オブ・ウォー

 ちかごろ話題のドローン(無人航空機)。先々週封切られたアンドルー・ニコル監督の「ドローン・オブ・ウォー」はこのドローンが与える戦争の恐怖を描いた映画だ。

 主人公はイーサン・ホーク演じる米空軍の戦闘機パイロット。トップガン型のヒコーキ野郎だが、いまは歓楽都市ラスベガスの郊外にある基地でドローン爆撃隊に所属。そこからアフガン上空のドローンを遠隔操作し、タリバンの拠点を連日空爆するのが任務。高空からカメラで標的を視認し、空対地ヘルファイア・ミサイルで仕留める。終われば車で妻と子どもの待つ家に帰るだけの日常。

 戦地で子どもを誤爆するのも避けられない任務と、日常のあまりのギャップに悩まされ、彼はしだいに心を病んでゆくのだ。対テロ戦争時代の戦争映画の多くが抑うつ状態の兵士たちを描いているが、本作もその典型だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る