損害額30億円の巨額詐欺事件に巻き込まれた 矢沢永吉

公開日: 更新日:

<1998年1月>

 大晦日の紅白にも出場し、多くのファンに支持され続ける矢沢永吉。これまで売り上げたレコード枚数やその稼ぎは莫大だが、かつて30億円以上もの巨額詐欺事件に巻き込まれたことがある。

 98年1月、オーストラリア連邦警察は矢沢(当時48)がオーストラリアにつくった現地法人の元役員(当時51)と、矢沢の個人事務所「音」の元経理責任者(当時63)とを横領容疑で逮捕した。

 この2人は独断で別件のリゾート開発事業に投資するため、矢沢が購入したオーストラリアのリゾート、ゴールドコーストの土地を無断で金融機関に担保に入れ、融資を受けていた。だが、バブル崩壊のせいもあって投資は失敗する。結局、矢沢の土地は競売にかけられ、第三者に売却されてしまった。矢沢側には現地の銀行名義の偽造のリポートを送ったり、別会社を設立して資金の流れを不明瞭にしたりで手口は巧妙だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る