損害額30億円の巨額詐欺事件に巻き込まれた 矢沢永吉

公開日:  更新日:

<1998年1月>

 大晦日の紅白にも出場し、多くのファンに支持され続ける矢沢永吉。これまで売り上げたレコード枚数やその稼ぎは莫大だが、かつて30億円以上もの巨額詐欺事件に巻き込まれたことがある。

 98年1月、オーストラリア連邦警察は矢沢(当時48)がオーストラリアにつくった現地法人の元役員(当時51)と、矢沢の個人事務所「音」の元経理責任者(当時63)とを横領容疑で逮捕した。

 この2人は独断で別件のリゾート開発事業に投資するため、矢沢が購入したオーストラリアのリゾート、ゴールドコーストの土地を無断で金融機関に担保に入れ、融資を受けていた。だが、バブル崩壊のせいもあって投資は失敗する。結局、矢沢の土地は競売にかけられ、第三者に売却されてしまった。矢沢側には現地の銀行名義の偽造のリポートを送ったり、別会社を設立して資金の流れを不明瞭にしたりで手口は巧妙だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る