損害額30億円の巨額詐欺事件に巻き込まれた 矢沢永吉

公開日: 更新日:

<1998年1月>

 大晦日の紅白にも出場し、多くのファンに支持され続ける矢沢永吉。これまで売り上げたレコード枚数やその稼ぎは莫大だが、かつて30億円以上もの巨額詐欺事件に巻き込まれたことがある。

 98年1月、オーストラリア連邦警察は矢沢(当時48)がオーストラリアにつくった現地法人の元役員(当時51)と、矢沢の個人事務所「音」の元経理責任者(当時63)とを横領容疑で逮捕した。

 この2人は独断で別件のリゾート開発事業に投資するため、矢沢が購入したオーストラリアのリゾート、ゴールドコーストの土地を無断で金融機関に担保に入れ、融資を受けていた。だが、バブル崩壊のせいもあって投資は失敗する。結局、矢沢の土地は競売にかけられ、第三者に売却されてしまった。矢沢側には現地の銀行名義の偽造のリポートを送ったり、別会社を設立して資金の流れを不明瞭にしたりで手口は巧妙だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る