熱狂的なファンに塩酸をかけられた美空ひばり

公開日:  更新日:

<1957年1月>

 89年6月24日に52歳の若さで亡くなった美空ひばり。何度もスキャンダルに見舞われたが、もっとも悲惨だったのは57年の出来事。公演中に観客から塩酸をかけられる事件があった。犯人はひばりの熱狂的ファンだった。

 1月13日の午後9時40分。ひばり(当時19)は東京・浅草の国際劇場で正月公演「花吹雪おしどり絵巻」の舞台に立っていた。舞台カーテンの脇でフィナーレの出番を待っていると、超満員の観客席から女性が舞台に這い上がってくる。

 この女性は「ひばりちゃん」と叫んで駆け寄ってきた。ひばりが振り向くとコートのポケットから瓶を取り出し、顔に中の液体を浴びせた。最初は何が起きたかわからなかったが、液体は塩酸だった。女がもう一度ひばりに向けて塩酸をかけると、今度はひばりは顔にやけどをしたような熱さを感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る