熱狂的なファンに塩酸をかけられた美空ひばり

公開日: 更新日:

<1957年1月>

 89年6月24日に52歳の若さで亡くなった美空ひばり。何度もスキャンダルに見舞われたが、もっとも悲惨だったのは57年の出来事。公演中に観客から塩酸をかけられる事件があった。犯人はひばりの熱狂的ファンだった。

 1月13日の午後9時40分。ひばり(当時19)は東京・浅草の国際劇場で正月公演「花吹雪おしどり絵巻」の舞台に立っていた。舞台カーテンの脇でフィナーレの出番を待っていると、超満員の観客席から女性が舞台に這い上がってくる。

 この女性は「ひばりちゃん」と叫んで駆け寄ってきた。ひばりが振り向くとコートのポケットから瓶を取り出し、顔に中の液体を浴びせた。最初は何が起きたかわからなかったが、液体は塩酸だった。女がもう一度ひばりに向けて塩酸をかけると、今度はひばりは顔にやけどをしたような熱さを感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る