熱狂的なファンに塩酸をかけられた美空ひばり

公開日: 更新日:

<1957年1月>

 89年6月24日に52歳の若さで亡くなった美空ひばり。何度もスキャンダルに見舞われたが、もっとも悲惨だったのは57年の出来事。公演中に観客から塩酸をかけられる事件があった。犯人はひばりの熱狂的ファンだった。

 1月13日の午後9時40分。ひばり(当時19)は東京・浅草の国際劇場で正月公演「花吹雪おしどり絵巻」の舞台に立っていた。舞台カーテンの脇でフィナーレの出番を待っていると、超満員の観客席から女性が舞台に這い上がってくる。

 この女性は「ひばりちゃん」と叫んで駆け寄ってきた。ひばりが振り向くとコートのポケットから瓶を取り出し、顔に中の液体を浴びせた。最初は何が起きたかわからなかったが、液体は塩酸だった。女がもう一度ひばりに向けて塩酸をかけると、今度はひばりは顔にやけどをしたような熱さを感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る