熱狂的なファンに塩酸をかけられた美空ひばり

公開日: 更新日:

 近くにいたひばりの叔母が異変に気づき、女を突き飛ばす。そして建物の中にあった防火用水をひばりにかけた。女は逃げようとしたが、その場に居合わせたブロマイド業者に取り押さえられて警察に引き渡された。

 ひばりはすぐ病院に搬送され、顔と胸と背中に塩酸を浴び、全治3週間のやけど。叔母のとっさの措置と舞台化粧の厚いドーランに助けられ傷は残らずにすんだ。塩酸は近くにいた付き人や俳優にもかかり、3人がやけどを負った。

 犯人はひばりと同い年の当時19歳。もともと山形県の紡績工場で働いていたが、「東京に出れば、憧れのひばりちゃんや(雪村)いづみちゃんに会える」と前年に上京。住み込みで板橋区の会社役員宅のお手伝いさんとして働いていた。ひばりの映画は欠かさず見るという大ファンで、勤め先の部屋にはひばりのブロマイドが張られており、ひばりの家に何度も電話をかけ、「会わせて欲しい」と頼んでは断られたりしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  6. 6

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  7. 7

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  8. 8

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

もっと見る