メンバーの確執が表面化したチェッカーズ クロベエの死

公開日:  更新日:

<2004年8月>

 1983年「ギザギザハートの子守唄」でデビューして以来、ヒット曲を連発したチェッカーズ。92年紅白出場を最後に解散した後、元メンバーはそれぞれの道に進んだが、04年8月、ドラムス担当のクロベエこと、徳永善也が舌がんにより亡くなった。まだ40歳の若さ。突然の訃報は世間を驚かせた。

 92年に解散後、メンバーはそれぞれ音楽活動を中心に芸能界で活躍。クロベエも93年に「リトルバッハ」というバンドを結成し、リハーサルを重ねて95年2月、フジテレビの昼ドラマ「指輪」の主題歌「眠れぬ美女」でデビューした。

 しかし、セールスが伸びず、リトルバッハはわずか3年で解散。元メンバーとの仕事もうまくいかず、「オレ、芸能界に向いてないや、スティック下ろすわ」と芸能活動を休止した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る