メンバーの確執が表面化したチェッカーズ クロベエの死

公開日: 更新日:

<2004年8月>

 1983年「ギザギザハートの子守唄」でデビューして以来、ヒット曲を連発したチェッカーズ。92年紅白出場を最後に解散した後、元メンバーはそれぞれの道に進んだが、04年8月、ドラムス担当のクロベエこと、徳永善也が舌がんにより亡くなった。まだ40歳の若さ。突然の訃報は世間を驚かせた。

 92年に解散後、メンバーはそれぞれ音楽活動を中心に芸能界で活躍。クロベエも93年に「リトルバッハ」というバンドを結成し、リハーサルを重ねて95年2月、フジテレビの昼ドラマ「指輪」の主題歌「眠れぬ美女」でデビューした。

 しかし、セールスが伸びず、リトルバッハはわずか3年で解散。元メンバーとの仕事もうまくいかず、「オレ、芸能界に向いてないや、スティック下ろすわ」と芸能活動を休止した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る