メンバーの確執が表面化したチェッカーズ クロベエの死

公開日: 更新日:

<2004年8月>

 1983年「ギザギザハートの子守唄」でデビューして以来、ヒット曲を連発したチェッカーズ。92年紅白出場を最後に解散した後、元メンバーはそれぞれの道に進んだが、04年8月、ドラムス担当のクロベエこと、徳永善也が舌がんにより亡くなった。まだ40歳の若さ。突然の訃報は世間を驚かせた。

 92年に解散後、メンバーはそれぞれ音楽活動を中心に芸能界で活躍。クロベエも93年に「リトルバッハ」というバンドを結成し、リハーサルを重ねて95年2月、フジテレビの昼ドラマ「指輪」の主題歌「眠れぬ美女」でデビューした。

 しかし、セールスが伸びず、リトルバッハはわずか3年で解散。元メンバーとの仕事もうまくいかず、「オレ、芸能界に向いてないや、スティック下ろすわ」と芸能活動を休止した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る