肝臓がんに蝕まれ37歳の若さで逝った市川雷蔵

公開日: 更新日:

<1969年7月>

 看護師が喉に吸引器を差し込み痰(たん)を除去すると、市川雷蔵は「ああ、気持ちがいいな」と呟いた。それから5分後、雅子夫人(当時28)にみとられながら雷蔵は静かに息を引き取った。7月17日午前8時25分、享年37。大映トップスターのあまりに早すぎる最期だった。

 異変が起こったのは前年6月。撮影中に下血。それまでにも便に血が混じることはあったが、雷蔵は特に気に留めていなかった。稽古が厳しい歌舞伎界では血便は珍しいことではなかったからだ。だが、それを聞いた義兄で大映副社長の永田秀雅はすぐに雷蔵を順天堂医院(東京・本郷)に入院させた。診察の結果、雷蔵に告げられた病名は急性直腸潰瘍。しかし、雅子夫人には本当の病名が明かされていた。直腸がんである。

 8月中旬に開腹手術を受け、無事成功。夏の間は療養に専念していたが、11月には早くも映画の現場に復帰。最初の仕事は雷蔵の当たり役「眠狂四郎」シリーズの「悪女狩り」だった。1カ月足らずで撮り終えると、すぐに「博徒一代血祭り不動」の撮影に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る