• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肝臓がんに蝕まれ37歳の若さで逝った市川雷蔵

<1969年7月>

 看護師が喉に吸引器を差し込み痰(たん)を除去すると、市川雷蔵は「ああ、気持ちがいいな」と呟いた。それから5分後、雅子夫人(当時28)にみとられながら雷蔵は静かに息を引き取った。7月17日午前8時25分、享年37。大映トップスターのあまりに早すぎる最期だった。

 異変が起こったのは前年6月。撮影中に下血。それまでにも便に血が混じることはあったが、雷蔵は特に気に留めていなかった。稽古が厳しい歌舞伎界では血便は珍しいことではなかったからだ。だが、それを聞いた義兄で大映副社長の永田秀雅はすぐに雷蔵を順天堂医院(東京・本郷)に入院させた。診察の結果、雷蔵に告げられた病名は急性直腸潰瘍。しかし、雅子夫人には本当の病名が明かされていた。直腸がんである。

 8月中旬に開腹手術を受け、無事成功。夏の間は療養に専念していたが、11月には早くも映画の現場に復帰。最初の仕事は雷蔵の当たり役「眠狂四郎」シリーズの「悪女狩り」だった。1カ月足らずで撮り終えると、すぐに「博徒一代血祭り不動」の撮影に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  8. 8

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  9. 9

    “のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

  10. 10

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

もっと見る