• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6歳下のドラマーと6年で離婚した相本久美子

<1987年7月>

 74年に16歳でデビュー後、「TVジョッキー」(日本テレビ)の司会でブレークした相本久美子。元祖オナドルとも呼ばれたが、87年7月、29歳の時に6歳年下のドラマー・倉内充氏と電撃入籍、翌年娘も誕生した。しかし、順風満帆とみられていた結婚生活はわずか6年あまりで破綻した。

 交際のきっかけは知人の紹介。20代前半まで籠の鳥のアイドル生活を送っていた相本は周囲からチヤホヤされ、怒られることもなく、ワガママ放題で、男性と真剣に交際する機会もないままだった。紹介された相手に対しても、最初は恋愛感情もなく、「面白い友達」程度の軽い気持ちだったという。

 しかし、相本を「タレント」ではなく「ひとりの女性」として叱る時はきちんと叱る態度に、「この人はちょっと違う」と相本は徐々にひかれていく。倉内氏は「ボクは相本さんと結婚しますから」と宣言するようになる。年齢差もあって、当初「何を言ってるの」と思った相本だったが、その言葉どおり交際は本格化していった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る