6歳下のドラマーと6年で離婚した相本久美子

公開日: 更新日:

<1987年7月>

 74年に16歳でデビュー後、「TVジョッキー」(日本テレビ)の司会でブレークした相本久美子。元祖オナドルとも呼ばれたが、87年7月、29歳の時に6歳年下のドラマー・倉内充氏と電撃入籍、翌年娘も誕生した。しかし、順風満帆とみられていた結婚生活はわずか6年あまりで破綻した。

 交際のきっかけは知人の紹介。20代前半まで籠の鳥のアイドル生活を送っていた相本は周囲からチヤホヤされ、怒られることもなく、ワガママ放題で、男性と真剣に交際する機会もないままだった。紹介された相手に対しても、最初は恋愛感情もなく、「面白い友達」程度の軽い気持ちだったという。

 しかし、相本を「タレント」ではなく「ひとりの女性」として叱る時はきちんと叱る態度に、「この人はちょっと違う」と相本は徐々にひかれていく。倉内氏は「ボクは相本さんと結婚しますから」と宣言するようになる。年齢差もあって、当初「何を言ってるの」と思った相本だったが、その言葉どおり交際は本格化していった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る