離婚報道を訴えて2カ月後に別れた中村錦之助・有馬稲子

公開日: 更新日:

<1965年7月>

「てっきり離婚はないものと思っていたから耳を疑った」と振り返るのは元週刊誌デスク。

 7月23日、午後5時30分、東映本社で中村錦之助(当時32、後に萬屋錦之介に改名)と有馬稲子(同33)の離婚会見が行われていた。不在の本人たちに代わり、大川博東映社長が声明文を読み上げ、会見は終了した。

「周囲がなぜ離婚はありえないと信じ込んでいたかというと、2カ月前に夫妻が離婚記事を載せた週刊誌を訴えたばかりだったからです」(同)

 4月7日号の女性週刊誌が「独占特報 中村錦之助・有馬稲子夫妻が離婚決意」という記事(グラビア2ページ、本文6ページ)を掲載。記事が出た直後、夫妻は揃って「スター千一夜」(フジテレビ)に出演して事実無根と主張。「ペンの暴力」(錦之助)、「デタラメ週刊誌」(有馬)と憤った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る