離婚報道を訴えて2カ月後に別れた中村錦之助・有馬稲子

公開日: 更新日:

<1965年7月>

「てっきり離婚はないものと思っていたから耳を疑った」と振り返るのは元週刊誌デスク。

 7月23日、午後5時30分、東映本社で中村錦之助(当時32、後に萬屋錦之介に改名)と有馬稲子(同33)の離婚会見が行われていた。不在の本人たちに代わり、大川博東映社長が声明文を読み上げ、会見は終了した。

「周囲がなぜ離婚はありえないと信じ込んでいたかというと、2カ月前に夫妻が離婚記事を載せた週刊誌を訴えたばかりだったからです」(同)

 4月7日号の女性週刊誌が「独占特報 中村錦之助・有馬稲子夫妻が離婚決意」という記事(グラビア2ページ、本文6ページ)を掲載。記事が出た直後、夫妻は揃って「スター千一夜」(フジテレビ)に出演して事実無根と主張。「ペンの暴力」(錦之助)、「デタラメ週刊誌」(有馬)と憤った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る