離婚報道を訴えて2カ月後に別れた中村錦之助・有馬稲子

公開日:  更新日:

<1965年7月>

「てっきり離婚はないものと思っていたから耳を疑った」と振り返るのは元週刊誌デスク。

 7月23日、午後5時30分、東映本社で中村錦之助(当時32、後に萬屋錦之介に改名)と有馬稲子(同33)の離婚会見が行われていた。不在の本人たちに代わり、大川博東映社長が声明文を読み上げ、会見は終了した。

「周囲がなぜ離婚はありえないと信じ込んでいたかというと、2カ月前に夫妻が離婚記事を載せた週刊誌を訴えたばかりだったからです」(同)

 4月7日号の女性週刊誌が「独占特報 中村錦之助・有馬稲子夫妻が離婚決意」という記事(グラビア2ページ、本文6ページ)を掲載。記事が出た直後、夫妻は揃って「スター千一夜」(フジテレビ)に出演して事実無根と主張。「ペンの暴力」(錦之助)、「デタラメ週刊誌」(有馬)と憤った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る