離婚報道を訴えて2カ月後に別れた中村錦之助・有馬稲子

公開日: 更新日:

<1965年7月>

「てっきり離婚はないものと思っていたから耳を疑った」と振り返るのは元週刊誌デスク。

 7月23日、午後5時30分、東映本社で中村錦之助(当時32、後に萬屋錦之介に改名)と有馬稲子(同33)の離婚会見が行われていた。不在の本人たちに代わり、大川博東映社長が声明文を読み上げ、会見は終了した。

「周囲がなぜ離婚はありえないと信じ込んでいたかというと、2カ月前に夫妻が離婚記事を載せた週刊誌を訴えたばかりだったからです」(同)

 4月7日号の女性週刊誌が「独占特報 中村錦之助・有馬稲子夫妻が離婚決意」という記事(グラビア2ページ、本文6ページ)を掲載。記事が出た直後、夫妻は揃って「スター千一夜」(フジテレビ)に出演して事実無根と主張。「ペンの暴力」(錦之助)、「デタラメ週刊誌」(有馬)と憤った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る