自宅前で実母が車にひかれる悲劇に襲われたマリアン

公開日:  更新日:

<1991年5月>

 タレントの人身事故が時に報じられるが、どちらも身内という痛ましくも、やりきれない出来事があったのは22年前。悲劇の当事者はドラマやバラエティーで人気者だったマリアン(当時29)。

 5月7日、12時15分ごろ、マリアンの母、ジーン・メイ・パットンさん(同65)は同居するマリアン夫婦の東京・広尾のマンション前にいた。6メートルの道路を挟んだ向かいのコインパーキングにはマリアンの青年実業家の夫の母Aさん(同57)が運転するジャガーが止めてあった。Aさんは、リウマチを患って歩くのがつらいジーンさんのため、この日、病院まで車で送っていくことになっていた。2人は、しゅうとめ同士という関係を超えて仲がよく、よく食事に出かけおしゃべりを楽しむ間柄。気のおけない友達のような関係で、通院後、ランチの約束もしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る