自宅前で実母が車にひかれる悲劇に襲われたマリアン

公開日: 更新日:

<1991年5月>

 タレントの人身事故が時に報じられるが、どちらも身内という痛ましくも、やりきれない出来事があったのは22年前。悲劇の当事者はドラマやバラエティーで人気者だったマリアン(当時29)。

 5月7日、12時15分ごろ、マリアンの母、ジーン・メイ・パットンさん(同65)は同居するマリアン夫婦の東京・広尾のマンション前にいた。6メートルの道路を挟んだ向かいのコインパーキングにはマリアンの青年実業家の夫の母Aさん(同57)が運転するジャガーが止めてあった。Aさんは、リウマチを患って歩くのがつらいジーンさんのため、この日、病院まで車で送っていくことになっていた。2人は、しゅうとめ同士という関係を超えて仲がよく、よく食事に出かけおしゃべりを楽しむ間柄。気のおけない友達のような関係で、通院後、ランチの約束もしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る