出会いから16年、中学の先輩と結婚、引退した紀比呂子

公開日: 更新日:

<1982年9月>

 元祖スチュワーデスドラマといえば、「アテンションプリーズ」(TBS、70年)。これでブレークした紀比呂子は現役時代、恋多き女性としても知られていたが、結婚相手として選んだのは中学の先輩で、金沢でホテル副社長を務める2歳年上の実業家だった。

 出会いは紀が中等部3年、男性が高等部2年の頃。友人らとともに紀の自宅によく出入りしていたこの相手は、紀の母親で女優の三条美紀に対して「おばさん、何か食べさせてくれ」と言うほど気さくな関係だった。富山テレビ会長の次男で大学卒業後、北陸に戻り、金沢市内のホテルで専務になる。上京するたびに紀宅を訪れ、学生時代と同じように遊んだという。

 しかし、この頃は2人とも結婚相手として意識していなかった。その後、男性はお見合いで結婚。「ボク結婚します」と紀宅を訪れて報告し、紀も友人として式に出席した。一方、紀も火野正平とデート中に起きた自動車事故が大きく報道されるなど、男性関係がマスコミを賑わせることも多く、2人の縁は切れたかに見えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  4. 4

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  5. 5

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  6. 6

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  7. 7

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  8. 8

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  9. 9

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  10. 10

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る