“有給休暇”で単身渡米した野沢直子

公開日: 更新日:

<1991年4月>

 人気お笑いタレント、野沢直子が「もっとオモシロイ中身のある芸人になるために充電したい」と休養宣言し、アメリカに旅立ったのは91年4月。突然の宣言に加え、休養中も野沢に吉本興業から月15万円の給料が支払われていた。異例ずくめの売れっ子の“有給休暇”と話題になった。

 理由はさまざま取り沙汰された。「父親がお笑いに難色を示した」「海外で女優の勉強をする」、果ては「妊娠」というものまであったが、なかでも注目を集めたのが男性関係。野沢は休養宣言の前年までブルーハーツのボーカル、甲本ヒロトとの熱愛が噂されていた。しかし、90年秋ごろから破局報道が流れ始める。91年2月27日の休養宣言会見では「(甲本は)もう友達以下の関係ですね」と破局を告白、別離が休養の原因と書き立てるマスコミもあった。

 真相がはっきりしないまま迎えた、最後のテレビ出演は3月30日の中京テレビ「5時SATマガジン」。前日28歳の誕生日を迎えた野沢にケーキが用意されていたが、「グチャッとケーキに顔突っ込まなくていいの?」とギャグ。エンディングで花束を渡されて「ありがとう」と涙声になるものの、セットの使い回しの花束に気付いてツッコむ余裕も見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る