“有給休暇”で単身渡米した野沢直子

公開日: 更新日:

<1991年4月>

 人気お笑いタレント、野沢直子が「もっとオモシロイ中身のある芸人になるために充電したい」と休養宣言し、アメリカに旅立ったのは91年4月。突然の宣言に加え、休養中も野沢に吉本興業から月15万円の給料が支払われていた。異例ずくめの売れっ子の“有給休暇”と話題になった。

 理由はさまざま取り沙汰された。「父親がお笑いに難色を示した」「海外で女優の勉強をする」、果ては「妊娠」というものまであったが、なかでも注目を集めたのが男性関係。野沢は休養宣言の前年までブルーハーツのボーカル、甲本ヒロトとの熱愛が噂されていた。しかし、90年秋ごろから破局報道が流れ始める。91年2月27日の休養宣言会見では「(甲本は)もう友達以下の関係ですね」と破局を告白、別離が休養の原因と書き立てるマスコミもあった。

 真相がはっきりしないまま迎えた、最後のテレビ出演は3月30日の中京テレビ「5時SATマガジン」。前日28歳の誕生日を迎えた野沢にケーキが用意されていたが、「グチャッとケーキに顔突っ込まなくていいの?」とギャグ。エンディングで花束を渡されて「ありがとう」と涙声になるものの、セットの使い回しの花束に気付いてツッコむ余裕も見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る