“有給休暇”で単身渡米した野沢直子

公開日:  更新日:

<1991年4月>

 人気お笑いタレント、野沢直子が「もっとオモシロイ中身のある芸人になるために充電したい」と休養宣言し、アメリカに旅立ったのは91年4月。突然の宣言に加え、休養中も野沢に吉本興業から月15万円の給料が支払われていた。異例ずくめの売れっ子の“有給休暇”と話題になった。

 理由はさまざま取り沙汰された。「父親がお笑いに難色を示した」「海外で女優の勉強をする」、果ては「妊娠」というものまであったが、なかでも注目を集めたのが男性関係。野沢は休養宣言の前年までブルーハーツのボーカル、甲本ヒロトとの熱愛が噂されていた。しかし、90年秋ごろから破局報道が流れ始める。91年2月27日の休養宣言会見では「(甲本は)もう友達以下の関係ですね」と破局を告白、別離が休養の原因と書き立てるマスコミもあった。

 真相がはっきりしないまま迎えた、最後のテレビ出演は3月30日の中京テレビ「5時SATマガジン」。前日28歳の誕生日を迎えた野沢にケーキが用意されていたが、「グチャッとケーキに顔突っ込まなくていいの?」とギャグ。エンディングで花束を渡されて「ありがとう」と涙声になるものの、セットの使い回しの花束に気付いてツッコむ余裕も見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る