夫の離婚トラブルに翻弄された入籍騒動 早乙女愛

公開日: 更新日:

<1985年5月>

 74年、映画「愛と誠」で西城秀樹の相手役に選ばれ、役名を芸名にデビューした早乙女愛。大物俳優との熱愛の噂が絶えず、“恋多き女”とも呼ばれたが、85年5月、26歳の時に5つの会社を経営する33歳の青年実業家と電撃入籍した。

 知り合ったのは80年。早乙女のファンという男性が映画スポンサーに名乗り出たことがキッカケだった。映画の企画が実現しなかったことで一時は疎遠になったが、83年に再会。84年暮れ頃からは男性が早乙女のマンションを頻繁に訪れるなど距離が接近していった。

 85年4月22日、親密交際をマスコミにキャッチされ、事態は急展開。翌23日、2人は記者会見を開いて「早ければ夏にでも結婚式を挙げたい」とうれしそうに発表した。

 だが、男性は9年間連れ添っていた前妻と3月末に離婚したばかり。2人は2年ほど別居状態だったが、男性は正式離婚を切り出す際「仕事に生きたい。どうか別れて欲しい」と頼んでいた。しかし、離婚成立から1カ月も経たないうちに前妻はテレビで婚約会見を目にすることに。この時点では慰謝料の額も決まっておらず、子どもの親権や養育費の問題も片付いていなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る