夫の離婚トラブルに翻弄された入籍騒動 早乙女愛

公開日: 更新日:

<1985年5月>

 74年、映画「愛と誠」で西城秀樹の相手役に選ばれ、役名を芸名にデビューした早乙女愛。大物俳優との熱愛の噂が絶えず、“恋多き女”とも呼ばれたが、85年5月、26歳の時に5つの会社を経営する33歳の青年実業家と電撃入籍した。

 知り合ったのは80年。早乙女のファンという男性が映画スポンサーに名乗り出たことがキッカケだった。映画の企画が実現しなかったことで一時は疎遠になったが、83年に再会。84年暮れ頃からは男性が早乙女のマンションを頻繁に訪れるなど距離が接近していった。

 85年4月22日、親密交際をマスコミにキャッチされ、事態は急展開。翌23日、2人は記者会見を開いて「早ければ夏にでも結婚式を挙げたい」とうれしそうに発表した。

 だが、男性は9年間連れ添っていた前妻と3月末に離婚したばかり。2人は2年ほど別居状態だったが、男性は正式離婚を切り出す際「仕事に生きたい。どうか別れて欲しい」と頼んでいた。しかし、離婚成立から1カ月も経たないうちに前妻はテレビで婚約会見を目にすることに。この時点では慰謝料の額も決まっておらず、子どもの親権や養育費の問題も片付いていなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る