胃がんと脳出血を患った 宮川大助 花子

公開日: 更新日:

<1988年10月>

 夫婦漫才の大御所といえば、宮川大助(62)・花子(58)。芸歴30年を超える長い活動の中で、夫婦それぞれが重い病に倒れる試練があった。

 88年10月末、大助の体調が悪かったのを心配したマネジャーが、病院に健康診断に連れていく。

 花子は付き添いのつもりでついていったが、「ついでに検査を受けていきませんか」と医者に言われ、バリウムを飲んで検査を受けたところ、胃にピンポン玉大の腫瘍が見つかった。胃がんだった。
 医者は大助に診察結果を告げる。大助は「しまった」と思わず叫んだという。それまで10年近く多忙な漫才師として売れっ子の生活。妻に無理をさせていなかったか。大助は自分を責めた。

 大助と医師は「手術で取らなければならないポリープがある」とだけ告げることにした。ちょうど11月は年末年始番組の撮影ラッシュ。まとめて収録をすませたが、告知されていない花子は「ポリープなら正月明けに手術すればいいのに」といぶかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る