胃がんと脳出血を患った 宮川大助 花子

公開日: 更新日:

<1988年10月>

 夫婦漫才の大御所といえば、宮川大助(62)・花子(58)。芸歴30年を超える長い活動の中で、夫婦それぞれが重い病に倒れる試練があった。

 88年10月末、大助の体調が悪かったのを心配したマネジャーが、病院に健康診断に連れていく。

 花子は付き添いのつもりでついていったが、「ついでに検査を受けていきませんか」と医者に言われ、バリウムを飲んで検査を受けたところ、胃にピンポン玉大の腫瘍が見つかった。胃がんだった。
 医者は大助に診察結果を告げる。大助は「しまった」と思わず叫んだという。それまで10年近く多忙な漫才師として売れっ子の生活。妻に無理をさせていなかったか。大助は自分を責めた。

 大助と医師は「手術で取らなければならないポリープがある」とだけ告げることにした。ちょうど11月は年末年始番組の撮影ラッシュ。まとめて収録をすませたが、告知されていない花子は「ポリープなら正月明けに手術すればいいのに」といぶかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る