胃がんと脳出血を患った 宮川大助 花子

公開日:  更新日:

<1988年10月>

 夫婦漫才の大御所といえば、宮川大助(62)・花子(58)。芸歴30年を超える長い活動の中で、夫婦それぞれが重い病に倒れる試練があった。

 88年10月末、大助の体調が悪かったのを心配したマネジャーが、病院に健康診断に連れていく。

 花子は付き添いのつもりでついていったが、「ついでに検査を受けていきませんか」と医者に言われ、バリウムを飲んで検査を受けたところ、胃にピンポン玉大の腫瘍が見つかった。胃がんだった。
 医者は大助に診察結果を告げる。大助は「しまった」と思わず叫んだという。それまで10年近く多忙な漫才師として売れっ子の生活。妻に無理をさせていなかったか。大助は自分を責めた。

 大助と医師は「手術で取らなければならないポリープがある」とだけ告げることにした。ちょうど11月は年末年始番組の撮影ラッシュ。まとめて収録をすませたが、告知されていない花子は「ポリープなら正月明けに手術すればいいのに」といぶかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る