胃がんと脳出血を患った 宮川大助 花子

公開日:  更新日:

<1988年10月>

 夫婦漫才の大御所といえば、宮川大助(62)・花子(58)。芸歴30年を超える長い活動の中で、夫婦それぞれが重い病に倒れる試練があった。

 88年10月末、大助の体調が悪かったのを心配したマネジャーが、病院に健康診断に連れていく。

 花子は付き添いのつもりでついていったが、「ついでに検査を受けていきませんか」と医者に言われ、バリウムを飲んで検査を受けたところ、胃にピンポン玉大の腫瘍が見つかった。胃がんだった。
 医者は大助に診察結果を告げる。大助は「しまった」と思わず叫んだという。それまで10年近く多忙な漫才師として売れっ子の生活。妻に無理をさせていなかったか。大助は自分を責めた。

 大助と医師は「手術で取らなければならないポリープがある」とだけ告げることにした。ちょうど11月は年末年始番組の撮影ラッシュ。まとめて収録をすませたが、告知されていない花子は「ポリープなら正月明けに手術すればいいのに」といぶかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る