矢口真里 無期限休業も「スポンサー離れ」克服は至難の業

公開日: 更新日:

 ファンというのは、ありがたいものだ。13日に無期限休業宣言したタレント、矢口真里(30)のブログには、〈必ず帰ってきてね〉なんて激励コメントが2400件以上寄せられている。

 矢口本人も〈またお仕事を再開できる日まで〉〈また元気な姿を皆さんにお見せしますので〉とつづっているから、いずれ復帰するつもりなんだろう。

「正式に半年間“謹慎”して、来年4月の改編で復帰。それがひとつのメドになるでしょう」(在京キー局スタッフ)なんて声もあるが、広告代理店関係者はこう言う。

「復帰できるかどうかはスポンサー次第です。いくら矢口サイドが『みそぎは済んだ』と主張したところで、スポンサーが難色を示せば、どの番組でも使ってもらえない。矢口の元夫で俳優の中村昌也(27)が離婚を報告したブログには、9000件超の激励メッセージが寄せられています。矢口と中村、どちらの支持者が多いか。一連の不倫騒動に対する世間一般の“評価”はハッキリしているんです。スポンサーが最も気にするのは、そこですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る