矢口真里 無期限休業も「スポンサー離れ」克服は至難の業

公開日:  更新日:

 ファンというのは、ありがたいものだ。13日に無期限休業宣言したタレント、矢口真里(30)のブログには、〈必ず帰ってきてね〉なんて激励コメントが2400件以上寄せられている。

 矢口本人も〈またお仕事を再開できる日まで〉〈また元気な姿を皆さんにお見せしますので〉とつづっているから、いずれ復帰するつもりなんだろう。

「正式に半年間“謹慎”して、来年4月の改編で復帰。それがひとつのメドになるでしょう」(在京キー局スタッフ)なんて声もあるが、広告代理店関係者はこう言う。

「復帰できるかどうかはスポンサー次第です。いくら矢口サイドが『みそぎは済んだ』と主張したところで、スポンサーが難色を示せば、どの番組でも使ってもらえない。矢口の元夫で俳優の中村昌也(27)が離婚を報告したブログには、9000件超の激励メッセージが寄せられています。矢口と中村、どちらの支持者が多いか。一連の不倫騒動に対する世間一般の“評価”はハッキリしているんです。スポンサーが最も気にするのは、そこですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る