みのもんた万事休す…スポンサーもタレント仲間も三行半

公開日:  更新日:

 みのもんた(69)のラジオ番組がスポンサーから“三行半(みくだりはん)”を叩きつけられていた。文化放送が15日に明らかにしたもので、次男の事件が発覚した直後の9月14日から、スポンサー2社の意向を受けてCMを自粛。代わりにACジャパンのCMを流している。

 エンドユーザーを相手にする企業は敏感だ。客離れが進むことにカネは出せない。「30歳を過ぎた息子の仕業に過ぎない」と擁護する声が大きくならないと、スポンサーを続けるのは難しいだろう。

 希代のMCから離れているのは“金主”だけではない。発覚直後は「明るいみのちゃんが見たい」(和田アキ子)、「30過ぎた息子のために仕事を辞めなきゃならないのか」(小倉智昭)といった励ましや同情論が目立ったが、風向きは変わったようだ。タレント仲間もチクリと「みの批判」を始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る