ユーミン衣装デザインで再注目 篠原ともえ、復活の“鬼門”

公開日: 更新日:

 ユーミンこと松任谷由実(59)の全国ツアーが20日から始まり、そのステージ衣装をデザインしたのがタレントの篠原ともえ(34)ということで、ちょっとした話題になっている。

 篠原といえば、90年代後半に奇抜なファッションで「シノラー」ブームを巻き起こした。

「ところが、歌舞伎役者の中村獅童(41)のせいでつまずいた。03年3月に2人の熱愛が発覚し、結婚秒読みとみられていましたが、獅童の母親の反対もあって、05年に破局。その年に獅童が女優の竹内結子と“でき婚”したから、篠原はショックでボロボロになってしまったんです」(芸能事務所関係者)

 それもあって次第にテレビから遠ざかっていったが、最近はユーミンの衣装デザインといい、復活してきている。日本テレビの朝の情報番組「PON!」などテレビやラジオのレギュラーもあるし、単発の仕事も多い。12月には舞台も控えている。順調そのもののはずなのだが、ひやひやしている関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  9. 9

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

  10. 10

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

もっと見る