ドラマ「ダンダリン」大コケ…竹内結子の“役者魂”が裏目か

公開日: 更新日:

<自分で魅力を殺している>

「それにしても、ひどすぎる」
 日本テレビ局内でも、そんな声が上がっているんだとか。

 日テレで水曜午後10時放送中のドラマ「ダンダリン」。

 10月2日の初回視聴率こそ11.3%だったが、30日の5回目は、ナント5.2%まで急降下した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

「30日の回は日本シリーズ中継の延長で、放送が深夜にズレ込んでしまったにせよ、7%台をうろちょろしている低空飛行に変わりはない。局の幹部連中はカリカリしてます」(日テレ関係者)

 もう少し数字を取ってもおかしくない。その条件はそろっているというのだ。

 確かに主演は、「ストロベリーナイト」(フジテレビ)などのヒットドラマで知られる人気女優の竹内結子(33)。竹内演じる段田凛は、ブラック企業に立ち向かう「労働基準監督官」と、内容もイマドキだ。脇には、人気若手俳優の松坂桃李(25)を置くなど、女性視聴者対策もバッチリ。それなのに、なぜ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る