ドラマ「ダンダリン」大コケ…竹内結子の“役者魂”が裏目か

公開日: 更新日:

<自分で魅力を殺している>

「それにしても、ひどすぎる」
 日本テレビ局内でも、そんな声が上がっているんだとか。

 日テレで水曜午後10時放送中のドラマ「ダンダリン」。

 10月2日の初回視聴率こそ11.3%だったが、30日の5回目は、ナント5.2%まで急降下した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

「30日の回は日本シリーズ中継の延長で、放送が深夜にズレ込んでしまったにせよ、7%台をうろちょろしている低空飛行に変わりはない。局の幹部連中はカリカリしてます」(日テレ関係者)

 もう少し数字を取ってもおかしくない。その条件はそろっているというのだ。

 確かに主演は、「ストロベリーナイト」(フジテレビ)などのヒットドラマで知られる人気女優の竹内結子(33)。竹内演じる段田凛は、ブラック企業に立ち向かう「労働基準監督官」と、内容もイマドキだ。脇には、人気若手俳優の松坂桃李(25)を置くなど、女性視聴者対策もバッチリ。それなのに、なぜ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る