「悠真」「結菜」は序の口…芸能人の仰天キラキラネーム

公開日:  更新日:

 キラキラネームがいよいよ存在感を増している。

 明治安田生命が発表した「2013年生まれの子供の名前」のトップは男の子が「悠真」、女の子が「結菜」。一見フツーの名前のようだが、読み方はそれぞれ<ゆうま・はるま・ゆうしん>、<ゆいな・ゆな・ゆうな>。一筋縄じゃない。男の子8位に「陽向」(ひなた)、10位に蒼空(そら・あおい)、女の子9位に陽葵(ひまり・ひなた・ひより)もランクイン。昭和生まれにはピンとこない名前ばかりだ。

 こうしたキラキラネームの流行を後押ししているのは、やっぱり芸能人だ。さかのぼれば故・桑名正博とアン・ルイスの長男あたりから。美勇士(みゅうじ)の命名に世間は度肝を抜かされたが、何となく読めるだけまだマシ。このところのエスカレートぶりはハンパじゃない。

 杉浦太陽(32)と辻希美(26)の子供達は長女・希空(のあ)、長男・青空(せいあ)、次男・昊空(そら)だし、モーニング娘。つながりの石黒彩(35)も負けず劣らず、長女・玲夢(りむ)、次女・宙奈(そな)、長男・耀太(ようた)といった具合だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る