• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「悠真」「結菜」は序の口…芸能人の仰天キラキラネーム

 キラキラネームがいよいよ存在感を増している。

 明治安田生命が発表した「2013年生まれの子供の名前」のトップは男の子が「悠真」、女の子が「結菜」。一見フツーの名前のようだが、読み方はそれぞれ<ゆうま・はるま・ゆうしん>、<ゆいな・ゆな・ゆうな>。一筋縄じゃない。男の子8位に「陽向」(ひなた)、10位に蒼空(そら・あおい)、女の子9位に陽葵(ひまり・ひなた・ひより)もランクイン。昭和生まれにはピンとこない名前ばかりだ。

 こうしたキラキラネームの流行を後押ししているのは、やっぱり芸能人だ。さかのぼれば故・桑名正博とアン・ルイスの長男あたりから。美勇士(みゅうじ)の命名に世間は度肝を抜かされたが、何となく読めるだけまだマシ。このところのエスカレートぶりはハンパじゃない。

 杉浦太陽(32)と辻希美(26)の子供達は長女・希空(のあ)、長男・青空(せいあ)、次男・昊空(そら)だし、モーニング娘。つながりの石黒彩(35)も負けず劣らず、長女・玲夢(りむ)、次女・宙奈(そな)、長男・耀太(ようた)といった具合だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る