「悠真」「結菜」は序の口…芸能人の仰天キラキラネーム

公開日: 更新日:

 キラキラネームがいよいよ存在感を増している。

 明治安田生命が発表した「2013年生まれの子供の名前」のトップは男の子が「悠真」、女の子が「結菜」。一見フツーの名前のようだが、読み方はそれぞれ<ゆうま・はるま・ゆうしん>、<ゆいな・ゆな・ゆうな>。一筋縄じゃない。男の子8位に「陽向」(ひなた)、10位に蒼空(そら・あおい)、女の子9位に陽葵(ひまり・ひなた・ひより)もランクイン。昭和生まれにはピンとこない名前ばかりだ。

 こうしたキラキラネームの流行を後押ししているのは、やっぱり芸能人だ。さかのぼれば故・桑名正博とアン・ルイスの長男あたりから。美勇士(みゅうじ)の命名に世間は度肝を抜かされたが、何となく読めるだけまだマシ。このところのエスカレートぶりはハンパじゃない。

 杉浦太陽(32)と辻希美(26)の子供達は長女・希空(のあ)、長男・青空(せいあ)、次男・昊空(そら)だし、モーニング娘。つながりの石黒彩(35)も負けず劣らず、長女・玲夢(りむ)、次女・宙奈(そな)、長男・耀太(ようた)といった具合だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る