秘密保護法成立 “反対派”藤原紀香の胸中

公開日:  更新日:

 8日、都内で開かれた「One Planet Festival×TOKYO」のトークショーに登場した藤原紀香(42)。ボランティアや国際活動に積極的な紀香は、07年に日本赤十字社広報特使に任命され、ハリケーン被害に遭ったバングラデシュや温暖化による消滅が危惧されるツバルへ赴いている。今回のトークショーでは、自らが撮影してきた写真をもとに世界中の子供がおかれている厳しい現状を熱弁。「教科書で『地雷の見つけ方』を習う地域もある。日本じゃ考えられないことが起きていることを伝えていけたら」と語った。

 そんな紀香は、9月に自身のブログで「特定秘密保護法」についても言及。<反対の声を挙げている人たちや、真実を知ろうとして民間で調査している人やマスコミ関係者などが逮捕されてしまう可能性があるって。。。日本は民主主義国家ではなくなってしまうのかな>と記して話題に。先月は「しんぶん赤旗」に登場。政治的な発言が注目されている。この日は秘密法に関する発言はなかったが、同法は6日に参院で強行可決したばかり。胸中はいかに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る