秘密保護法成立 “反対派”藤原紀香の胸中

公開日:  更新日:

 8日、都内で開かれた「One Planet Festival×TOKYO」のトークショーに登場した藤原紀香(42)。ボランティアや国際活動に積極的な紀香は、07年に日本赤十字社広報特使に任命され、ハリケーン被害に遭ったバングラデシュや温暖化による消滅が危惧されるツバルへ赴いている。今回のトークショーでは、自らが撮影してきた写真をもとに世界中の子供がおかれている厳しい現状を熱弁。「教科書で『地雷の見つけ方』を習う地域もある。日本じゃ考えられないことが起きていることを伝えていけたら」と語った。

 そんな紀香は、9月に自身のブログで「特定秘密保護法」についても言及。<反対の声を挙げている人たちや、真実を知ろうとして民間で調査している人やマスコミ関係者などが逮捕されてしまう可能性があるって。。。日本は民主主義国家ではなくなってしまうのかな>と記して話題に。先月は「しんぶん赤旗」に登場。政治的な発言が注目されている。この日は秘密法に関する発言はなかったが、同法は6日に参院で強行可決したばかり。胸中はいかに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る