紅白のジンクス…北島三郎「まつり」の翌年は政界が“祭り状態”

公開日:  更新日:

「おお~とこ~は~」と力強く伸びやかに歌う「まつり」。北島三郎(77)は、1984年にリリースした名曲で、最後となる紅白歌合戦の大トリを飾る見込みだ。

 本人とNHKがともに望んだ楽曲。今年のフィナーレは涙、涙となりそうだが、実は、サブちゃんの「まつり」で幕を閉じた翌年は、永田町が“祭り状態”で大揺れになる。そんなジンクスがあるのだ。

 都合50回の出場で、北島が「まつり」を歌ったのは計5回。うち、93年、99年、2006年、09年の4回で大トリを務めている。はたして、その翌年はどうだったか。

 94年は、非自民連立で55年体制に終止符を打った細川政権が倒れた。当時の細川首相は、佐川急便をめぐる金銭スキャンダルで退陣を余儀なくされた。後を引き継いだ羽田内閣も短命に終わり、6月には自社さ連立による村山政権が誕生している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る