道重さゆみショック…モー娘。紅白落選の陰に先輩の“不祥事”?

公開日:  更新日:

<今年、2013年の紅白歌合戦にモーニング娘。、、、出演する事はできませんでした。今年の目標の一つでもあったのでもちろん悔しい気持ちはあります>

 モー娘。の8代目リーダー、道重さゆみ(24)がブログにつづった。

 ももいろクローバーZやAKB48に加え、NMB48やSKE48まで出場する今年は、さながらアイドル祭り。歌って踊れる女性グループのてんこ盛りとなった。E―girlsまで初めての出場を決めている。

 ところが、シングル3作でオリコン1位という快挙を今年達成している“老舗グループ”に6年ぶりの朗報は届かなかった。2週間前のイベントで道重は、「出れることなら出たい。年末の仕事を充実させたいです」と意気込んでいただけに、ショックは大きかったのだろう。

「やはり“矢口問題”が足を引っ張ったのでしょうね。ずいぶん前に脱退しているとはいえ、OG10人による『ドリームモーニング娘。』にも参加していた。いまだにモー娘。→矢口と連想する視聴者は多いでしょう。しかも、単なる離婚騒動ならいざ知らず、最近も間男との半同棲まで報じられた。お茶の間のアレルギーは計り知れませんよ。NHKは、『なんで矢口のグループを出すのか』『受信料の無駄遣いだ』といった批判を受けてまで出てもらうことはない、と判断したのでしょう」(テレビ関係者)

 これが本当なら、なんとも罪作りな先輩だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る