「宇宙塾」主宰… “UFOディレクター”矢追純一さんは今

公開日:  更新日:

 超常現象、UFO、宇宙人、精神世界……。こうした話題がテーマのTVドキュメンタリーやバラエティー番組ではこの人の独壇場だった。日本テレビで「11PM」や「木曜スペシャル」を手がけ、“敏腕ディレクター”と呼ばれた矢追純一さんだ。自ら番組に登場し、持論をとうとうとしゃべる姿は見る人に強烈な印象を残した。しかし、最近は見ない。今どうしているのか。

 矢追さんと会ったのはJR千駄ケ谷駅前の喫茶店。約束の時間ピッタリに現れた。
「18年前から宇宙塾っていうのを主宰してましてね。我々って、実は自分についてなんにもわかってないんですよ。毎日、さまざまな情報を刷り込まれ、他人やマスコミの主張に振り回されてる。一方、マスコミに登場する知識人と称する人たちも、他人の話を丸暗記して受け売りしてるだけ。現代人はそれにのみ込まれているんです。つまり、自分がない。だから、日々を心穏やかに過ごすことができません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る