「スノボも五輪も2次元のためだった」成田童夢が語ったオタクへの道

公開日:  更新日:

 きょう登場するのは06年のトリノ冬季五輪のスノーボード・ハーフパイプの日本代表だった成田童夢クン(28)。妹の今井メロとともにメダルを期待されるも惨敗。その後はメディアから姿を消した。今どうしているのか。

「オリンピックが終わってからのバッシングは壮絶でしたよ。人間性を全否定するような罵声ばかりで。誰も信じられなくなり、3、4年は家に引きこもってるだけ。20歳そこそこで廃人でしたね。そんなオレを支えてくれたのが彼女……じゃなく、2次元のアニメや漫画だった。まさにオタクでしょ、ハハハ」

 JR渋谷駅に近い所属事務所で会った童夢クン、こう言ってやんちゃな笑みを浮かべた。

「でもね、好きを突き詰めるとオタクになるんです。今の肩書はサブカルチャー・タレント。アキバ文化を世界に広めるために伝道師みたいな活動をしてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る