• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「演歌界のCM女王」川野夏美の“実力”

「CM女王」というと、上戸彩とか井川遥など女優の名前を思い浮かべる人が多いだろう。ところが、実は演歌界にも「CM女王」が存在した。98年、「あばれ海峡」でデビューした川野夏美(33)だ。これまで湯上がり爽快「バブ」や「大正漢方胃腸薬」や虫さされ「キンカン」、揖保乃糸などのCMソングを歌っている。

 業界内でも知る人ぞ知る存在だったが、デビュー以来、全国100カ所以上のキャンペーンで過去のCMソングの一節を披露してきたことが徐々に話題となり、所属事務所やレコード会社に「あの曲はリリースできないか」などの問い合わせが殺到しているという。もし実現すれば「いいちこ」のCMソング「また君に恋してる」を復活させた「坂本冬美の再来」となる可能性がある。

 ちなみに、昨年11月リリースした川野の新曲「悲別~かなしべつ~」は初登場でオリコン1位となり、現在も上位をキープしている。「演歌界のCM女王」の実力を味わいたい、応援したいむきは「悲別」を聴いてみるのも一興だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る