綾瀬「ふたたび」…紅白“天然”司会に「来年も」の待望論

公開日:  更新日:

 綾瀬はるか(28)の「ド天然」司会ぶりが、多くの視聴者の琴線に触れたのは間違いない。

 第2部で視聴率44.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、年間視聴率トップの座を死守したNHK紅白歌合戦。4時間に及んだ生放送で司会に歌に大奮闘だった綾瀬は殊勲甲の活躍ぶりだった。

「期待を裏切らないというか、リハーサルの時からハプニング続出。審査結果発表で箱からボールを投げられなかったり、“お・も・て・な・し”のポーズがチグハグだったり……。本番はさらに拍車がかかって、逆にほほ笑ましかったですね(苦笑い)」とは、さる芸能プロ関係者の話。たしかに改めて振り返っても、笑いあり涙あり。突っ込みどころ満載であった。

■前回の堀北真希よりインパクト大

「NHKホールが生きているみたいですね!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る