綾瀬「ふたたび」…紅白“天然”司会に「来年も」の待望論

公開日: 更新日:

 綾瀬はるか(28)の「ド天然」司会ぶりが、多くの視聴者の琴線に触れたのは間違いない。

 第2部で視聴率44.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、年間視聴率トップの座を死守したNHK紅白歌合戦。4時間に及んだ生放送で司会に歌に大奮闘だった綾瀬は殊勲甲の活躍ぶりだった。

「期待を裏切らないというか、リハーサルの時からハプニング続出。審査結果発表で箱からボールを投げられなかったり、“お・も・て・な・し”のポーズがチグハグだったり……。本番はさらに拍車がかかって、逆にほほ笑ましかったですね(苦笑い)」とは、さる芸能プロ関係者の話。たしかに改めて振り返っても、笑いあり涙あり。突っ込みどころ満載であった。

■前回の堀北真希よりインパクト大

「NHKホールが生きているみたいですね!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る