綾瀬「ふたたび」…紅白“天然”司会に「来年も」の待望論

公開日: 更新日:

 綾瀬はるか(28)の「ド天然」司会ぶりが、多くの視聴者の琴線に触れたのは間違いない。

 第2部で視聴率44.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、年間視聴率トップの座を死守したNHK紅白歌合戦。4時間に及んだ生放送で司会に歌に大奮闘だった綾瀬は殊勲甲の活躍ぶりだった。

「期待を裏切らないというか、リハーサルの時からハプニング続出。審査結果発表で箱からボールを投げられなかったり、“お・も・て・な・し”のポーズがチグハグだったり……。本番はさらに拍車がかかって、逆にほほ笑ましかったですね(苦笑い)」とは、さる芸能プロ関係者の話。たしかに改めて振り返っても、笑いあり涙あり。突っ込みどころ満載であった。

■前回の堀北真希よりインパクト大

「NHKホールが生きているみたいですね!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  9. 9

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る