島倉千代子 なお売れ続ける気迫の歌声「からたちの小径」

公開日: 更新日:

 昨年11月に肝臓がんで死去した島倉千代子(享年75)。今月8日で死から3カ月が経つが、亡くなる3日前に自宅でレコーディングした「からたちの小径」のCDが売れ続けているという。この曲は、歌手生活60周年を記念して南こうせつ(64)が作詞・作曲を手がけたもの。昨年11月14日に営まれた葬儀で、収録した歌声が流れると、「日本コロムビア」に1000件以上の問い合わせが殺到する。急きょCD化され、オリコン週間シングルランキング(昨年12月30日付)で総合7位に初登場。初回出荷枚数は演歌では異例の5万枚を突破した。

 年が明けても勢いは衰えず、最新のオリコン週間シングルランキング(10日付)でも総合29位、演歌・歌謡部門で4位をキープ。代表曲「人生いろいろ」の最高位が総合16位、演歌・歌謡部門2位だったことからも、その反響の大きさが分かる。


 死してなお売れ続けているのはなぜか。芸能評論家の肥留間正明氏はこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る