日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

島倉千代子 なお売れ続ける気迫の歌声「からたちの小径」

 昨年11月に肝臓がんで死去した島倉千代子(享年75)。今月8日で死から3カ月が経つが、亡くなる3日前に自宅でレコーディングした「からたちの小径」のCDが売れ続けているという。この曲は、歌手生活60周年を記念して南こうせつ(64)が作詞・作曲を手がけたもの。昨年11月14日に営まれた葬儀で、収録した歌声が流れると、「日本コロムビア」に1000件以上の問い合わせが殺到する。急きょCD化され、オリコン週間シングルランキング(昨年12月30日付)で総合7位に初登場。初回出荷枚数は演歌では異例の5万枚を突破した。

 年が明けても勢いは衰えず、最新のオリコン週間シングルランキング(10日付)でも総合29位、演歌・歌謡部門で4位をキープ。代表曲「人生いろいろ」の最高位が総合16位、演歌・歌謡部門2位だったことからも、その反響の大きさが分かる。


 死してなお売れ続けているのはなぜか。芸能評論家の肥留間正明氏はこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事