「離婚」「中絶」「借金苦」…島倉千代子を苦しめた“男運”

公開日: 更新日:

「お千代さん」の愛称で親しまれた歌手の島倉千代子が8日午後、肝臓がんのため亡くなった。享年75。
 島倉は1955年に「この世の花」でデビューすると、57年から86年までNHKの紅白歌合戦に連続30回出場。「東京だョおっ母さん」(57年)、「ほんきかしら」(66年)などヒット曲を連発。87年にリリースした「人生いろいろ」は130万枚の大ヒットを記録し、その後、紅白の出場回数を35回まで伸ばした。

 デビュー以来60年近くにわたり出した曲は1500以上。紛れもない昭和歌謡を代表する“大物歌手”だが、私生活は「いろいろ」あり過ぎた。

 デビュー当時まだ高校生だった島倉は先輩たちから猛烈にいびられたり、自宅に爆発物を仕掛けられたりと散々な目に遭っていたという。
 芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る