「離婚」「中絶」「借金苦」…島倉千代子を苦しめた“男運”

公開日:  更新日:

「お千代さん」の愛称で親しまれた歌手の島倉千代子が8日午後、肝臓がんのため亡くなった。享年75。
 島倉は1955年に「この世の花」でデビューすると、57年から86年までNHKの紅白歌合戦に連続30回出場。「東京だョおっ母さん」(57年)、「ほんきかしら」(66年)などヒット曲を連発。87年にリリースした「人生いろいろ」は130万枚の大ヒットを記録し、その後、紅白の出場回数を35回まで伸ばした。

 デビュー以来60年近くにわたり出した曲は1500以上。紛れもない昭和歌謡を代表する“大物歌手”だが、私生活は「いろいろ」あり過ぎた。

 デビュー当時まだ高校生だった島倉は先輩たちから猛烈にいびられたり、自宅に爆発物を仕掛けられたりと散々な目に遭っていたという。
 芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る