• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

島倉千代子や吉永小百合が巻き込まれた草加次郎事件

<1962年11月>

 島倉千代子が純情歌手として大人気だった62年11月。連続無差別脅迫テロの発端となる事件が起きた。

 4日、島倉の後援会事務所は2週間後に浅草で開催されるリサイタル申し込みの郵便物処理に追われていた。11時半、後援会幹事を務める23歳の男性が申し込みの封筒にしては分厚い、1通の手紙を取り上げた。差出人の名はなく、開いてみると刀をさやに収めたような形にボール紙を組み合わせたものが入っていた。表に「祝」と「呪」、裏には「K」と「草加次郎」の文字があった。

 男性は「何だ、こんなもの。いつものイタズラかもしれないな」と、女子事務員たちに見せながらボール紙を引っ張って開けようとした。

 そのとき、シュッ、シュッと鈍い音がして、事務所いっぱいに白煙が広がった。火薬のにおいが立ち込め、男性は「熱い」と叫び、郵便物を取り落とした。幸い大事には至らなかったが、右手の親指と人さし指に2週間のやけどを負った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る