島倉千代子や吉永小百合が巻き込まれた草加次郎事件

公開日: 更新日:

<1962年11月>

 島倉千代子が純情歌手として大人気だった62年11月。連続無差別脅迫テロの発端となる事件が起きた。

 4日、島倉の後援会事務所は2週間後に浅草で開催されるリサイタル申し込みの郵便物処理に追われていた。11時半、後援会幹事を務める23歳の男性が申し込みの封筒にしては分厚い、1通の手紙を取り上げた。差出人の名はなく、開いてみると刀をさやに収めたような形にボール紙を組み合わせたものが入っていた。表に「祝」と「呪」、裏には「K」と「草加次郎」の文字があった。

 男性は「何だ、こんなもの。いつものイタズラかもしれないな」と、女子事務員たちに見せながらボール紙を引っ張って開けようとした。

 そのとき、シュッ、シュッと鈍い音がして、事務所いっぱいに白煙が広がった。火薬のにおいが立ち込め、男性は「熱い」と叫び、郵便物を取り落とした。幸い大事には至らなかったが、右手の親指と人さし指に2週間のやけどを負った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る