島倉千代子や吉永小百合が巻き込まれた草加次郎事件

公開日: 更新日:

<1962年11月>

 島倉千代子が純情歌手として大人気だった62年11月。連続無差別脅迫テロの発端となる事件が起きた。

 4日、島倉の後援会事務所は2週間後に浅草で開催されるリサイタル申し込みの郵便物処理に追われていた。11時半、後援会幹事を務める23歳の男性が申し込みの封筒にしては分厚い、1通の手紙を取り上げた。差出人の名はなく、開いてみると刀をさやに収めたような形にボール紙を組み合わせたものが入っていた。表に「祝」と「呪」、裏には「K」と「草加次郎」の文字があった。

 男性は「何だ、こんなもの。いつものイタズラかもしれないな」と、女子事務員たちに見せながらボール紙を引っ張って開けようとした。

 そのとき、シュッ、シュッと鈍い音がして、事務所いっぱいに白煙が広がった。火薬のにおいが立ち込め、男性は「熱い」と叫び、郵便物を取り落とした。幸い大事には至らなかったが、右手の親指と人さし指に2週間のやけどを負った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る