ベートーベン騒動 音楽家をゴーストに走らせる“極貧生活”

公開日: 更新日:

 18年間もバレなかったのが奇跡の自称作曲家、佐村河内守(50)。そのゴーストライターだった桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43、作曲専攻)も、告白するのは勇気がいっただろうが、ペテンの片棒を担いだことに変わりはない。

 発売中の週刊文春によると、96年夏、新垣氏が佐村河内から自作の曲を「オーケストラ用の楽曲として仕上げてくれ」と持ちかけられたのが、ゆがんだアンサンブルの始まりで、謝礼はわずか数万円だったという。音大関係者が明かす。

「受け持つコマ数にもよりますが、講師だけの収入なら年100万円台もザラです。街の音楽教室などでアルバイトをしないと、とても食っていけない。男性の場合は結婚もままならないし、小遣い稼ぎで名の知れた音楽家の“お手伝い”をすることもある。新垣氏も最初はアルバイト感覚だったんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る