• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベートーベン騒動 音楽家をゴーストに走らせる“極貧生活”

 18年間もバレなかったのが奇跡の自称作曲家、佐村河内守(50)。そのゴーストライターだった桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43、作曲専攻)も、告白するのは勇気がいっただろうが、ペテンの片棒を担いだことに変わりはない。

 発売中の週刊文春によると、96年夏、新垣氏が佐村河内から自作の曲を「オーケストラ用の楽曲として仕上げてくれ」と持ちかけられたのが、ゆがんだアンサンブルの始まりで、謝礼はわずか数万円だったという。音大関係者が明かす。

「受け持つコマ数にもよりますが、講師だけの収入なら年100万円台もザラです。街の音楽教室などでアルバイトをしないと、とても食っていけない。男性の場合は結婚もままならないし、小遣い稼ぎで名の知れた音楽家の“お手伝い”をすることもある。新垣氏も最初はアルバイト感覚だったんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る