ベートーベン騒動 音楽家をゴーストに走らせる“極貧生活”

公開日:  更新日:

 18年間もバレなかったのが奇跡の自称作曲家、佐村河内守(50)。そのゴーストライターだった桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43、作曲専攻)も、告白するのは勇気がいっただろうが、ペテンの片棒を担いだことに変わりはない。

 発売中の週刊文春によると、96年夏、新垣氏が佐村河内から自作の曲を「オーケストラ用の楽曲として仕上げてくれ」と持ちかけられたのが、ゆがんだアンサンブルの始まりで、謝礼はわずか数万円だったという。音大関係者が明かす。

「受け持つコマ数にもよりますが、講師だけの収入なら年100万円台もザラです。街の音楽教室などでアルバイトをしないと、とても食っていけない。男性の場合は結婚もままならないし、小遣い稼ぎで名の知れた音楽家の“お手伝い”をすることもある。新垣氏も最初はアルバイト感覚だったんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る