小池栄子&佐藤江梨子どうなる? 「イエローキャブ」消滅へ

公開日:  更新日:

 巨乳プロダクションが大揺れだ。小池栄子、佐藤江梨子らが在籍する老舗芸能プロ「イエローキャブ」の経営が実質的に立ち行かなくなっていることがわかった。

 看板タレントの小池とサトエリは、今年1月15日に、京都に本社があるIT企業が立ち上げた新事務所「ドリームキャブ」(港区南青山)に移籍することが内定。野田義治社長時代に一世を風靡した「イエローキャブ」の名前がついに芸能界から消滅してしまう可能性が高まってきた。事情に詳しい関係者がこう語る。

「『イエローキャブ』の所属タレントは今やわずか5人。中でも売れているのは小池とサトエリの2人だけです。2年前には帯刀社長が急死してニュースになりましたが、実質的に経営権を握っていたのは、長く同社の役員を務めていた五木ひろしの兄で同社取締役の松山弘志氏。関連会社『イエローキャブプラス』を立ち上げて別の事業を始めたりもしましたが、経営状態は上向かなかった。そこで、京都のIT企業が支援に名乗りを上げて、小池とサトエリを連れて再出発を図るという方策のようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る