日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“育ての親”サンズ野田会長が語った「細川ふみえ再生計画」

 細川ふみえ(42)が7年ぶりにテレビ復帰を果たして話題になっている。

 16日、「サンデージャポン」(TBS系)のロケ企画に出演した細川は「もうダメだって沈んでる時間がありました。長い間沈んでました。ご心配ご迷惑おかけした自分がもう許せなくて」と、この“不在期間”の心境を吐露。細川がいう「ご迷惑」とは、07年に発覚した不動産会社社長との重婚疑惑のことで、その後、晴れて夫婦になって子供も生まれたが09年末に離婚。振り回された周囲は大迷惑を被った。

 この間、細川は育児に専念。ようやく手がかからなくなり、芸能界復帰に前向きになったのか、番組ではバストは「今も90センチ」「うまく撮ってもらえれば何とかなるかもしれない」とグラビア復帰にも意欲を見せていた。

「年明けから写真誌で細川の過去の水着グラビアが相次いで再掲載されて話題になりました。そのタイミングでのテレビ出演です。本格的な芸能活動再開と見る向きは少なくありません。でも、個人で動くには限界がある。芸能界の育ての親ともいえるサンズの野田会長がバックアップしているともっぱらです」と語るのは芸能リポーターだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事