• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「60歳引退説」発端と 千原ジュニアにさんまがクレーム?

 千原ジュニア(40)が自身の誕生日である30日、東京・両国国技館で「2014千原ジュニア40歳LIVE」を開催。松本人志(50)やプリンセス天功など超豪華著名人との“カラミ”を披露した。

 会場が最も沸いたのは自身のトーク番組「にけつッ!!」(読売テレビ)のコーナー。出てくるはずのケンドーコバヤシ(41)が明石家さんま(58)に代わっており、“ガチサプライズ”にジュニアが呆然。

「この1カ月、顔を合わすたびに、しゃべってしまいそうで黙っているのがツラかった」と言うさんまは、ジュニアが「さんまのまんま」(関西テレビ)で引退について聞いたことがきっかけで、「60歳引退説」が過熱したことに「お前のせいで引退のこと聞かれてばっかりや。お前、オレをはめたやろ」と猛クレーム。

 その後、「オレの芸はタモリさんや(ビート)たけしさん、所(ジョージ)さんのように懐が深くない。オレの引き際はあの人らより早いよ」と改めて引退について言及した。

 総勢28組もの著名人とコラボレーションしたジュニア。「ジャックナイフ」という通称からは想像できない人望を8000人の観客に見せつけた。かつてジュニアのマネジャーを務めていた藤原が明かした「目つきはコワイけど本当はすごく優しい」という一面は本当だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る