日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昼の視聴率戦争 ダークホース「徹子の部屋」の“貫禄”

「それじゃあ、明日もまた見てくれるかな?」
 いつもと同じフレーズで「笑っていいとも!」(フジテレビ)を終えたタモリだったが、残念ながら視聴者は、また見てくれなかった。

 3月31日放送の「いいとも」最終回の平均視聴率は、16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。ところが、翌1日から始まった後番組「バイキング」の初回視聴率は6.3%。10ポイントの視聴者はまた見てくれなかったというわけだ。

「もちろん、悪い数字ではないですよ。同じ時間帯の日本テレビ『ヒルナンデス!』は6.3%、TBS『ひるおび!』は5.8%。とはいえ『いいとも』の“余熱”があって、視聴率が上がりやすい初回の割には、チト物足りない気も…」(フジテレビ関係者)

■EXILEなんて目じゃない

 一方、同じ1日から放送開始時間が正午になったテレビ朝日「徹子の部屋」は4.8%。視聴率争いの第1ラウンドは「バイキング」に軍配なんて報じられたが、果たしてそうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事