「いいとも!」最終回でもイジられた矢田亜希子の“苦境”

公開日: 更新日:

 31日に最終回を迎えた「笑っていいとも!」(フジテレビ系)。運悪く、最後のテレフォンショッキングのゲストとなったビートたけし(67)の毒にあてられたのが、実は矢田亜希子(35)だった。

 たけしがタモリへの表彰状を読み上げる中で、「何といってもこの番組の名物コーナーであるテレフォンショッキング。友達を紹介するという名のもとに、いきなり電話をして出演をお願いするという斬新な企画でありました。しかしながら女優の矢田亜希子さんが大竹しのぶさんを友達として紹介した時、思わず『はじめまして』と言ってしまった。これを聞いたとき、私はショックのあまり耳が聞こえなくなりました」と、昔話を蒸し返したから矢田はたまったもんじゃない。

「たけしの表彰状は『明日からはO倉智昭さんの「かぶっていいとも!」という番組が始まる』といったブラックジョークばかりでした。ただ、矢田の“はじめまして”発言は『いいとも』のお約束をぶち壊したという意味では番組終了のきっかけになったといわれる歴史的な発言。矢田だけが悪いわけではありませんが、ことあるごとに矢田の名前が取り沙汰されるのは気の毒というしかない」(芸能リポーター)

 女優業も一頃の勢いはなし。シングルマザー、矢田の苦境が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る