「いいとも!」最終回でもイジられた矢田亜希子の“苦境”

公開日: 更新日:

 31日に最終回を迎えた「笑っていいとも!」(フジテレビ系)。運悪く、最後のテレフォンショッキングのゲストとなったビートたけし(67)の毒にあてられたのが、実は矢田亜希子(35)だった。

 たけしがタモリへの表彰状を読み上げる中で、「何といってもこの番組の名物コーナーであるテレフォンショッキング。友達を紹介するという名のもとに、いきなり電話をして出演をお願いするという斬新な企画でありました。しかしながら女優の矢田亜希子さんが大竹しのぶさんを友達として紹介した時、思わず『はじめまして』と言ってしまった。これを聞いたとき、私はショックのあまり耳が聞こえなくなりました」と、昔話を蒸し返したから矢田はたまったもんじゃない。

「たけしの表彰状は『明日からはO倉智昭さんの「かぶっていいとも!」という番組が始まる』といったブラックジョークばかりでした。ただ、矢田の“はじめまして”発言は『いいとも』のお約束をぶち壊したという意味では番組終了のきっかけになったといわれる歴史的な発言。矢田だけが悪いわけではありませんが、ことあるごとに矢田の名前が取り沙汰されるのは気の毒というしかない」(芸能リポーター)

 女優業も一頃の勢いはなし。シングルマザー、矢田の苦境が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る