• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「いいとも!」最終回でもイジられた矢田亜希子の“苦境”

 31日に最終回を迎えた「笑っていいとも!」(フジテレビ系)。運悪く、最後のテレフォンショッキングのゲストとなったビートたけし(67)の毒にあてられたのが、実は矢田亜希子(35)だった。

 たけしがタモリへの表彰状を読み上げる中で、「何といってもこの番組の名物コーナーであるテレフォンショッキング。友達を紹介するという名のもとに、いきなり電話をして出演をお願いするという斬新な企画でありました。しかしながら女優の矢田亜希子さんが大竹しのぶさんを友達として紹介した時、思わず『はじめまして』と言ってしまった。これを聞いたとき、私はショックのあまり耳が聞こえなくなりました」と、昔話を蒸し返したから矢田はたまったもんじゃない。

「たけしの表彰状は『明日からはO倉智昭さんの「かぶっていいとも!」という番組が始まる』といったブラックジョークばかりでした。ただ、矢田の“はじめまして”発言は『いいとも』のお約束をぶち壊したという意味では番組終了のきっかけになったといわれる歴史的な発言。矢田だけが悪いわけではありませんが、ことあるごとに矢田の名前が取り沙汰されるのは気の毒というしかない」(芸能リポーター)

 女優業も一頃の勢いはなし。シングルマザー、矢田の苦境が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る