素朴な疑問…韓国の朴槿恵大統領はなぜ結婚していないのか

公開日:  更新日:

 韓国の朴槿恵大統領といえば、ずっと独身、夫はいない。ナゾは、なぜ結婚しなかったか、だ。
 1つは、11歳から大統領(朴正煕)の長女であったこと。
 2つ目は聡明すぎること。西江大・電子工学科を首席で卒業、フランス留学もしている。

「パク・クネは、顔がかわいいこともあって、小さい頃から韓国では“公主”と呼ばれてきた。日本語でいえば、お姫さま。その上、頭脳明晰(めいせき)ときて、5カ国語もしゃべれる。釣り合いのとれる男性を探すのは至難のことです」
「韓国を強国に変えた男 朴正煕」などの著書がある評論家の河信基氏はそう語る。

 そして3つ目が、人間不信だという。
「留学中に韓国で文世光事件が起き、母親が暗殺された。帰国して父親のファーストレディーを務めていたが、5年後の27歳のときに、その父親も暗殺された。多感な娘時代、それだけでも衝撃ですが、青瓦台(官邸)を去るや、それまでチヤホヤしていた父親の部下たちが急に冷たくなった。それがショックで、以降、人間不信に陥ったのです。孤独な環境から、恋愛とか結婚とかはずっと考えられなかったのでしょう。浮いた話もありません」(河信基氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る