日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

週末夕方に15%高視聴率 「人生の楽園」人気の秘密は?

「今週は何かいいことありましたか? 私ね、思うんですよ。人生には楽園が必要だってね」という呼びかけで始まる「人生の楽園」(テレビ朝日系、土曜18時)。2000年10月にスタートというから、14年も続く長寿番組だ。

 初代ナレーターはいかりや長介&伊藤蘭。いかりやの後を西田敏行、伊藤の後を菊池桃子が引き継ぎ、現在に至る。視聴者に語りかけるような味のあるナレーションが番組を盛り上げる。

 土曜18時台は天気によっても季節によっても在宅率が左右される。しかし、「人生の楽園」は常時10~12%、時には15%の視聴率を獲得する隠れた名番組で、最近では視聴率の週間ランキングにも顔を出すほど。

■西田&桃子のほんわかコンビに注目

 都会で仕事をしていた人間がリタイアし、念願かなって田舎暮らしを始める。その暮らしぶりに密着取材するドキュメンタリーで、そこに出てくる人たちはみんな表情が生き生きとし、いい笑顔を見せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事