テレビ離れはウソ 中高年がかじり付く「その他」の視聴率

公開日: 更新日:

 ここ数年なんとかのひとつ覚えのようにいわれてきた「テレビ離れ」。とくに若者がテレビを見なくなっていることが大きな要因で、視聴者も全体的にガクンと減っているような印象だが、実際は違っている。業界筋のデータでは13年度はテレビを見る世帯が各時間帯で増加しているのだ。

 これに貢献しているのは「その他」としてカウントされるBS、CSなどの視聴率。中高年にターゲットを絞った番組が各局とも大人気になっているのだ。

「春の新番組。60代が需要の中核とされ、ゴルフ好きなら誰もが憧れる名門ゴルフ場を紹介していく『憧憬 大人のゴルフ旅』をBS11が日曜夜にスタートするのをはじめ、BS-TBSも中高年に人気の『おとなの修学旅行』を日曜夕方に1時間番組として復活させるし、CS旅チャンネルの『大人旅スタイル』にNHK-BSプレミアムの大人向けドラマ『珈琲屋の人々』と、旅番組もドラマも、大人がタイトルに入っていたり、内容が大人向けのものばかりですよ」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る