テレビ離れはウソ 中高年がかじり付く「その他」の視聴率

公開日:  更新日:

 ここ数年なんとかのひとつ覚えのようにいわれてきた「テレビ離れ」。とくに若者がテレビを見なくなっていることが大きな要因で、視聴者も全体的にガクンと減っているような印象だが、実際は違っている。業界筋のデータでは13年度はテレビを見る世帯が各時間帯で増加しているのだ。

 これに貢献しているのは「その他」としてカウントされるBS、CSなどの視聴率。中高年にターゲットを絞った番組が各局とも大人気になっているのだ。

「春の新番組。60代が需要の中核とされ、ゴルフ好きなら誰もが憧れる名門ゴルフ場を紹介していく『憧憬 大人のゴルフ旅』をBS11が日曜夜にスタートするのをはじめ、BS-TBSも中高年に人気の『おとなの修学旅行』を日曜夕方に1時間番組として復活させるし、CS旅チャンネルの『大人旅スタイル』にNHK-BSプレミアムの大人向けドラマ『珈琲屋の人々』と、旅番組もドラマも、大人がタイトルに入っていたり、内容が大人向けのものばかりですよ」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る