「宮本武蔵」も微妙な数字 “元視聴率男”キムタクの脱皮策

公開日:  更新日:

「太刀筋を見る限りは有段者っぽい」という声はある。さすが、幼い頃から剣道をやっていたという木村拓哉(41)だけに15、16日の2夜にわたって放送された主演ドラマ「宮本武蔵」には、相当気合が入っていた。これでもかというぐらいに番宣にも出まくっていたが、ふたを開けてみれば「視聴率は14%台、12%台というビミョーな結果に」(テレビ局関係者)。

“視聴率男”というには物足りないし、完全に落ち目でもないという、ビミョーな立場の最近のキムタクを象徴するような数字だった。

「宮本武蔵をやってもキムタク。誰を演じてもキムタクなんです。要するに幅が狭いってことですが、別にそれはキムタクに限った話じゃない。スターっていうのはそういうもので、田村正和だって何をやっても田村正和ですが、少なくとも田村正和は時代劇の上に現代劇も、シリアスもコミカルもこなせる」(映画業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る