「宮本武蔵」も微妙な数字 “元視聴率男”キムタクの脱皮策

公開日:  更新日:

「太刀筋を見る限りは有段者っぽい」という声はある。さすが、幼い頃から剣道をやっていたという木村拓哉(41)だけに15、16日の2夜にわたって放送された主演ドラマ「宮本武蔵」には、相当気合が入っていた。これでもかというぐらいに番宣にも出まくっていたが、ふたを開けてみれば「視聴率は14%台、12%台というビミョーな結果に」(テレビ局関係者)。

“視聴率男”というには物足りないし、完全に落ち目でもないという、ビミョーな立場の最近のキムタクを象徴するような数字だった。

「宮本武蔵をやってもキムタク。誰を演じてもキムタクなんです。要するに幅が狭いってことですが、別にそれはキムタクに限った話じゃない。スターっていうのはそういうもので、田村正和だって何をやっても田村正和ですが、少なくとも田村正和は時代劇の上に現代劇も、シリアスもコミカルもこなせる」(映画業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る