いまだ高視聴率 大いなるマンネリ「笑点」のすごさ

公開日:  更新日:

 32年間続いた「笑っていいとも!」(フジテレビ)、17年半続いた「はなまるマーケット」(TBS)の打ち切りが決定し、「こちらもそろそろか?」なんてウワサされる長寿番組も出てきている。

 いずれも、視聴率の低迷が大きな要因なのだが、そんな中、47年以上も放送している「笑点」(日本テレビ)のすごさが改めて分かる。

 日テレは4~10日の視聴率で、全日・プライム・ゴールデンの“週間3冠”を達成した(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。貢献したのは人気バラエティーの特番と、「笑点」(10日放送、17.9%)だったというから、現役バリバリ。恐れ入る。

 笑点はこれまで何度も年間平均視聴率ナンバーワンに輝き、いまも人気を維持している。10日以前の放送だけを見ても、21.6%(10月20日)、18.6%(10月27日)、19.9%(11月3日)と安定している。打ち切りとは無縁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る