視聴率1ケタ台続出…五輪で“冬休み”民放ドラマの手抜き感

公開日: 更新日:

 アイドル羽生が舞い、レジェンド葛西が飛ぶ。テレビ各局は連日、ソチ五輪の熱狂を伝えている。注目の競技となれば、時間帯は関係ない。深夜や明け方でも、驚異的な視聴率を記録している。

 その陰で静かに息を潜めているのが、各局のドラマ担当者だ。なにしろ、こちらは、驚くほど低調な数字がズラリと並ぶ。フジテレビ系の「福家警部補の挨拶」(火曜21時)、「チーム・バチスタ4」(火曜22時)、「僕のいた時間」(水曜22時)、TBS系の「Dr.DMAT」(木曜21時)、「夜のせんせい」(金曜22時)など、視聴率1ケタが続出しているのだ。

 もちろん、五輪放送に視聴者を取られているという側面もあるだろう。葛西紀明選手(41)の生きざまは、ドラマよりもドラマチックだ。それでも業界内では、「五輪を言い訳に使えるからラッキー」(制作会社関係者)という声が聞かれる。視聴率低迷は五輪と関係なく、そもそも面白いドラマがないというのだ。コラムニストの桧山珠美氏も、こう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る