視聴率1ケタ台続出…五輪で“冬休み”民放ドラマの手抜き感

公開日:  更新日:

 アイドル羽生が舞い、レジェンド葛西が飛ぶ。テレビ各局は連日、ソチ五輪の熱狂を伝えている。注目の競技となれば、時間帯は関係ない。深夜や明け方でも、驚異的な視聴率を記録している。

 その陰で静かに息を潜めているのが、各局のドラマ担当者だ。なにしろ、こちらは、驚くほど低調な数字がズラリと並ぶ。フジテレビ系の「福家警部補の挨拶」(火曜21時)、「チーム・バチスタ4」(火曜22時)、「僕のいた時間」(水曜22時)、TBS系の「Dr.DMAT」(木曜21時)、「夜のせんせい」(金曜22時)など、視聴率1ケタが続出しているのだ。

 もちろん、五輪放送に視聴者を取られているという側面もあるだろう。葛西紀明選手(41)の生きざまは、ドラマよりもドラマチックだ。それでも業界内では、「五輪を言い訳に使えるからラッキー」(制作会社関係者)という声が聞かれる。視聴率低迷は五輪と関係なく、そもそも面白いドラマがないというのだ。コラムニストの桧山珠美氏も、こう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る