水谷豊とは私的に会話なし…六角精児が明かす「相棒」舞台裏

公開日:  更新日:

 六角精児(51)という俳優を語る上で外せない作品といえば、10年以上続く「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)。特命捜査係を陰で支える鑑識・米沢守という役どころで、09年のスピンオフの映画では主演も務めた。ところで、気になるアノ人との関係は?

「『相棒』には大変恩義を感じています。土曜ワイド劇場枠の2時間ドラマで始まった時、僕の役は白衣姿の監察医。一日で終わる仕事だなあと。こういう仕事を積み重ねていけたらいいな~、ぐらいの気持ちでした」

 人生には盛り上がりも盛り下がりもつきもの。自分の思い通りにコトが運ぶなんてのは稀有(けう)な話で、その時々の流れを素直に受け止めるのが、六角流のポリシー。「相棒」に出演するきっかけも想定外だった。

「2000年当時の『相棒』のプロデューサーが学生だった頃、僕が所属する劇団の札幌公演をたまたま見に来ていたそうなんです。その芝居で24、25だった僕は放火魔の役を演じていたのですが、その時の演技があって、オファーをいただいた。後から聞いた話ですが、僕の当時のマネジャーに“もしかしたら連続ドラマになるかもしれないんだけど、連ドラになったらレギュラーになる役と、今回は大きな役だけど連ドラではレギュラーにならない役、どっちがいい?”と。で、マネジャーは即答で“小さくてもレギュラーになる役をやらせて欲しい!”と話し、今に至るわけです。何が幸いするか分からない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る