貫禄の刑事ドラマ「相棒」 なぜ視聴者に飽きられない?

公開日: 更新日:

 これが定番の強みというやつか。「相棒」(テレビ朝日、水曜21時~)の新シリーズが好スタートを切った。2時間スペシャルだった初回の平均視聴率は19.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。右京ファンの視聴者を茶の間にクギ付けにした格好だ。

“40%男”の堺雅人が主演の「リーガルハイ」(フジ、水曜22時~)でさえ、2話目は16.8%に落としている。それだけに20%近くを叩き出したのは立派だが、いったいなぜ、これほど支持されるのか。

 上智大教授の碓井広義氏(メディア論)が言う。
「相棒は、ひとつのシリーズが終わっても、放送自体は終わりません。再放送をやっているからです。そうやって常にエンジンを温めているから、新シリーズが始まったときに、ポーンと高い数字が出るのでしょう」

 期待を裏切らないパターン化された作りも、人気につながっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る