「自転車で邸宅を探した」 六角精児が語った“松田優作愛”

公開日: 更新日:

 六角精児、51歳。ドラマや映画では個性派バイプレーヤーとして活躍。つい先日、エッセー集「少し金を貸してくれないか 続・三角でもなく四角でもなく」(講談社刊)を上梓した。マルチに活動する同氏に影響を与えた人物がいる。一人は故・松田優作――。

 松田優作は中央林間に住んでいるらしい、という情報だけを頼りに隣町から自転車を走らせ、松田邸を探し回ったのは小学生の時。片っ端から見た作品の中では、「暴力教室」(76年)や「ヨコハマBJブルース」(81年)といったB級ものが好きだという六角氏だが、ドラマ版「探偵物語」(79年)には特別な思いがあるという。

「優作さん演じる工藤俊作がスタイリッシュで、コミカルで。食い入るように見ていました。その一方で優作さんはブルースもやっていた。俳優と音楽を両立させているカッコ良さが、憧れの最大の理由。僕が何者でもない時から憧れていた人。優作さんの生きざまそのものが好きなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る