「自転車で邸宅を探した」 六角精児が語った“松田優作愛”

公開日:  更新日:

 六角精児、51歳。ドラマや映画では個性派バイプレーヤーとして活躍。つい先日、エッセー集「少し金を貸してくれないか 続・三角でもなく四角でもなく」(講談社刊)を上梓した。マルチに活動する同氏に影響を与えた人物がいる。一人は故・松田優作――。

 松田優作は中央林間に住んでいるらしい、という情報だけを頼りに隣町から自転車を走らせ、松田邸を探し回ったのは小学生の時。片っ端から見た作品の中では、「暴力教室」(76年)や「ヨコハマBJブルース」(81年)といったB級ものが好きだという六角氏だが、ドラマ版「探偵物語」(79年)には特別な思いがあるという。

「優作さん演じる工藤俊作がスタイリッシュで、コミカルで。食い入るように見ていました。その一方で優作さんはブルースもやっていた。俳優と音楽を両立させているカッコ良さが、憧れの最大の理由。僕が何者でもない時から憧れていた人。優作さんの生きざまそのものが好きなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る