日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スター・ウォーズ」最新作の裏で出演者のギャラ・ウォーズ

 来年12月に公開予定の「スター・ウォーズエピソード7」のキャストが、正式発表された。ファン最大の注目は、何といっても、旧3部作の主要キャラが出演することだろう。

 ルーク(マーク・ハミル)にハン・ソロ(ハリソン・フォード)、レイア姫(キャリー・フィッシャー)たちがスクリーンに戻ってくる!

 ワクワクせずにはいられないが、気になることも。シリーズ第1作「エピソード4/新たなる希望」が公開されたのは、77年。もう37年前だ。

■中年太り

「エピソード7の舞台は『エピソード6/ジェダイの帰還』の30年後なので、出演者と役柄の間に“時間のずれ”はありませんが、そうはいってもハミルが62歳で、フィッシャーが57歳、フォードに至っては71歳ですからね。SW以降も一線で活躍してきたフォードはまだしも、ハミルとフィッシャーは、今やただのオジサン、オバサン。ファンを失望させることにならないか心配です」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事