• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

毛深い女子高生好演 中高年の欲情を刺激する刈谷友衣子

 シモの毛が生えずに頭を抱える高校男児と、あっちもこっちもボーボーで処理できずにいる女子高生――年頃の男女の毛の悩みをテーマに描いた青春映画「スイートプールサイド」が、一部映画ファンの間で話題になっている。

 同作に“悶えた”ひとり、アイドル評論家の中森明夫氏がこう言う。

「松たか子が教師役で37人の中学生を描いた映画『告白』(10年)は、いまをときめく“あまちゃん女優”の橋本愛と能年玲奈の共演が注目された作品。でも、忘れてはいけないのが、『スイートプールサイド』に主演の刈谷友衣子も同じく生徒役で出演していたこと。『告白』で発掘された第3の美少女女優が今作では、われわれ中高年の妄想をこれでもかとかき立てる演技を見せているんです!」

■「私の毛、剃ってくれない?」

 ティーン誌のモデル出身の刈谷は、毛深いことに悩む女子高生役。「私の毛、剃ってくれない?」。ある日の放課後、所属する水泳部の部室で毛の生えない同級生(須賀健太)に、毛深い悩みを告白。そして、自分では処理できない腕の毛とスネ毛を毎週剃ってもらう秘密の関係を結ぶのである。多感なティーンエージャーの男には願ってもないお役目を任じられ、刈谷演じる女子に特別な感情を抱くというストーリーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事