毛深い女子高生好演 中高年の欲情を刺激する刈谷友衣子

公開日:  更新日:

 シモの毛が生えずに頭を抱える高校男児と、あっちもこっちもボーボーで処理できずにいる女子高生――年頃の男女の毛の悩みをテーマに描いた青春映画「スイートプールサイド」が、一部映画ファンの間で話題になっている。

 同作に“悶えた”ひとり、アイドル評論家の中森明夫氏がこう言う。

「松たか子が教師役で37人の中学生を描いた映画『告白』(10年)は、いまをときめく“あまちゃん女優”の橋本愛と能年玲奈の共演が注目された作品。でも、忘れてはいけないのが、『スイートプールサイド』に主演の刈谷友衣子も同じく生徒役で出演していたこと。『告白』で発掘された第3の美少女女優が今作では、われわれ中高年の妄想をこれでもかとかき立てる演技を見せているんです!」

■「私の毛、剃ってくれない?」

 ティーン誌のモデル出身の刈谷は、毛深いことに悩む女子高生役。「私の毛、剃ってくれない?」。ある日の放課後、所属する水泳部の部室で毛の生えない同級生(須賀健太)に、毛深い悩みを告白。そして、自分では処理できない腕の毛とスネ毛を毎週剃ってもらう秘密の関係を結ぶのである。多感なティーンエージャーの男には願ってもないお役目を任じられ、刈谷演じる女子に特別な感情を抱くというストーリーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る