濡れ場も辞さず ベルリン女優賞・黒木華が語っていた「覚悟」

公開日: 更新日:

「第64回ベルリン国際映画祭」において史上最年少で最優秀女優賞にあたる銀熊賞を受賞した黒木華(23)の評価がうなぎ上りだ。

 審査員は「今回、女性陣が活躍している作品がコンペティション部門の中に多数ありましたが、黒木さんの演技力が群を抜いていました」と最高ランクの評価。にもかかわらず、帰国会見では「自分の人生では受賞は大きな出来事だけど、それにとらわれることなく、自分のペースを守ってこれからもやっていきたい」と謙遜するところも奥ゆかしい限りである。

「もともと、黒木は大学時代に演技を学び、演出家・野田秀樹の舞台でデビュー。声が張っていて滑舌が良く、間の取り方が絶妙。おまけに、役にしっかり入り込んで自分のカラーを完全に消し去っている。まだ23歳だが、同世代の女優では群を抜いている」(映画評論家)

 昨年は「舟を編む」「草原の椅子」、初主演作「シャニダールの花」など4本に出演し、国内の各映画賞の新人賞を総なめにしたが、ベルリン受賞で世界にその名をとどろかせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る