着衣わずか18分!門脇麦が「愛の渦」で見せた迫真濡れ場

公開日: 更新日:

 備え付けの座席では間に合わず、パイプ椅子をセッティングする人気ぶり。映画「愛の渦」(3月1日公開)のマスコミ向け試写会が異様な盛り上がりをみせている。「昨年10月末から試写を行っていますが、当初から満席での上映が続いている」(PR担当者)とうれしい悲鳴なのだ。

 製作発表の段階から話題だった。評判の要素は2つ。演劇ファンの間で注目を浴びる劇作家・三浦大輔が主宰する「ポツドール」の代表作が原作。三浦氏本人が映画の脚本を手がけ、メガホンも取ったことでも話題を集めたが、もうひとつ、気鋭の若手女優・門脇麦(21)がおっぱい丸出しのセックスシーンに挑んだこともデカい。

 セックスがしたくてしたくてたまらない「スケベ」を自称する男女が集まった乱交パーティーでの群像劇。全編の大半がバスタオルを巻いているか、“すっぽんぽん”の状態。2時間3分の作品の中で着衣時間はたったの18分半――門脇はバック、背面騎乗位、正常位とあらゆるプレーに挑み、ズッコンバッコンとやりまくる。見た目は地味だが、実は性欲たっぷりの女子大生という役どころ。ダブル主演を張る池松壮亮(23)を相手に、推定Aカップの小ぶりな乳房と硬直させた乳首をあらわにし、「ああ~ん、あんあん。あっ、あっ、ああぁ~ん」と喘ぎまくるのだ。

 上映中、足を組み替えたり、体をムズムズさせる観客はひとりやふたりではなく……乞うご期待。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る