着衣わずか18分!門脇麦が「愛の渦」で見せた迫真濡れ場

公開日: 更新日:

 備え付けの座席では間に合わず、パイプ椅子をセッティングする人気ぶり。映画「愛の渦」(3月1日公開)のマスコミ向け試写会が異様な盛り上がりをみせている。「昨年10月末から試写を行っていますが、当初から満席での上映が続いている」(PR担当者)とうれしい悲鳴なのだ。

 製作発表の段階から話題だった。評判の要素は2つ。演劇ファンの間で注目を浴びる劇作家・三浦大輔が主宰する「ポツドール」の代表作が原作。三浦氏本人が映画の脚本を手がけ、メガホンも取ったことでも話題を集めたが、もうひとつ、気鋭の若手女優・門脇麦(21)がおっぱい丸出しのセックスシーンに挑んだこともデカい。

 セックスがしたくてしたくてたまらない「スケベ」を自称する男女が集まった乱交パーティーでの群像劇。全編の大半がバスタオルを巻いているか、“すっぽんぽん”の状態。2時間3分の作品の中で着衣時間はたったの18分半――門脇はバック、背面騎乗位、正常位とあらゆるプレーに挑み、ズッコンバッコンとやりまくる。見た目は地味だが、実は性欲たっぷりの女子大生という役どころ。ダブル主演を張る池松壮亮(23)を相手に、推定Aカップの小ぶりな乳房と硬直させた乳首をあらわにし、「ああ~ん、あんあん。あっ、あっ、ああぁ~ん」と喘ぎまくるのだ。

 上映中、足を組み替えたり、体をムズムズさせる観客はひとりやふたりではなく……乞うご期待。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

もっと見る