着衣わずか18分!門脇麦が「愛の渦」で見せた迫真濡れ場

公開日: 更新日:

 備え付けの座席では間に合わず、パイプ椅子をセッティングする人気ぶり。映画「愛の渦」(3月1日公開)のマスコミ向け試写会が異様な盛り上がりをみせている。「昨年10月末から試写を行っていますが、当初から満席での上映が続いている」(PR担当者)とうれしい悲鳴なのだ。

 製作発表の段階から話題だった。評判の要素は2つ。演劇ファンの間で注目を浴びる劇作家・三浦大輔が主宰する「ポツドール」の代表作が原作。三浦氏本人が映画の脚本を手がけ、メガホンも取ったことでも話題を集めたが、もうひとつ、気鋭の若手女優・門脇麦(21)がおっぱい丸出しのセックスシーンに挑んだこともデカい。

 セックスがしたくてしたくてたまらない「スケベ」を自称する男女が集まった乱交パーティーでの群像劇。全編の大半がバスタオルを巻いているか、“すっぽんぽん”の状態。2時間3分の作品の中で着衣時間はたったの18分半――門脇はバック、背面騎乗位、正常位とあらゆるプレーに挑み、ズッコンバッコンとやりまくる。見た目は地味だが、実は性欲たっぷりの女子大生という役どころ。ダブル主演を張る池松壮亮(23)を相手に、推定Aカップの小ぶりな乳房と硬直させた乳首をあらわにし、「ああ~ん、あんあん。あっ、あっ、ああぁ~ん」と喘ぎまくるのだ。

 上映中、足を組み替えたり、体をムズムズさせる観客はひとりやふたりではなく……乞うご期待。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

もっと見る